日本の政治家「話し方があまりに下手」な3理由

「伝説の家庭教師」が、「ダメな根本原因」を解説

なぜ日本人には「コミュニケーション力」が不足している人が多いのでしょうか。「日本の政治家の話し方が、あまりに下手な3つの根本理由」について解説します(写真:ロイター/アフロ)
日本を代表する一部上場企業の社長や企業幹部、政治家など、「トップエリートを対象としたプレゼン・スピーチなどのプライベートコーチング」に携わり、これまでに1000人の話し方を変えてきた岡本純子氏。
たった2時間のコーチングで、「棒読み・棒立ち」のエグゼクティブを、会場を「総立ち」にさせるほどの堂々とした話し手に変える「劇的な話し方の改善ぶり」と実績から「伝説の家庭教師」と呼ばれ、好評を博している。
その岡本氏が、全メソッドを初公開した『世界最高の話し方 1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた!「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール』は発売後、たちまち9万部を突破するベストセラーになっている。コミュニケーション戦略研究家でもある岡本氏が「日本の政治家の話し方が、あまりに下手な3つの根本理由」について解説する。

日本人は「リーダーに必要な『コミュ力』」が足りない

アメリカの第46代大統領に民主党のジョー・バイデン氏が就任しました。78歳と史上最高齢の大統領であり、オバマ元大統領などと比べて、演説がうまいわけでもないのですが、堂々としたふるまいとよく練られた内容で、上々のパフォーマンスだったといえるでしょう。

『世界最高の話し方 1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた!「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

「棒立ちで、棒読み」というわが国のリーダーとはやはり、年季が違うようです。実務派を標榜し、決断力、実行力を売り物にしてきた菅首相ですが、新型コロナウィルス感染の爆発的拡大が止まらず、批判の矢面に立たされています。

その一因となっているのが、「発信力、伝える力の弱さ」です。日本の「エグゼクティブの家庭教師」として、これまで1000人を超える政官財のリーダーにお会いしてきましたが、その経験を通して痛感するのが、日本の多くのリーダー層に「必要なコミュニケーション力」が不足している、ということです。

それはなぜなのでしょうか。今回は、「リーダーに必要なコミュニケーション力と、日本の政治家にそれが足りない根本原因」について考察をしていきましょう。

次ページ「菅さんは大乱世のリーダー」か…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT