日本の政治家「話し方があまりに下手」な3理由

「伝説の家庭教師」が、「ダメな根本原因」を解説

3つ目は、伝える「地道な努力」と「並々ならぬ思い」の両方が足りない、ということです。

【3】伝える「地道な努力」と「並々ならぬ思い」の両方が足りない

マハトマ・ガンジーやスティーブ・ジョブズたちはどうやって苦手意識を克服し、雄弁なリーダーになったのでしょうか。まず、「地道な努力を積み重ねたこと」が1つ目です。

菅首相は「言い間違いが多い」と批判されますが、これも、努力があれば、少しは改善できるはず。スティーブ・ジョブズやジェフ・ベゾスは発表会の前、数日かけて、リハーサルをし、練習を重ねました

コロナ対応ではさんざんの評価だった安倍前首相ですが、外交では「強いリーダー」のイメージを醸成し、長期政権を実現しました。その一因となったのが、海外でのスピーチですが、本番の前は数十時間、自宅で練習をしたそうです。

もう1つの上達のカギは、「並々ならない『情熱』を持つこと」です。伝わるコミュニケーションのコツは、単に「言葉」を伝えるのではなく、「思い」を伝えることです。

「自国の独立」「平和」「人々を豊かにするツールを作る」といった熱い思いや情熱が、彼らを駆り立て、強くカリスマ的な話し手に変えていきました。その「情熱」を自らに憑依させることで、火の玉のような力強さをまとうことができたのです。

話し方のスキルは「最大の武器」になる

日本人は政治家に限らず、リーダー層の中にも、話すときの「熱量」が低く、「低カロリーな話し方」をする人が少なくありません

くぐもった声で、抑揚もなく、淡々と伝えたとしても、心は動きません。物を動かすのも人を動かすのも「エネルギー」が必要です。リーダーは「自分の中に眠るエネルギー」を解放し、「聞き手に届けるのだ」という覚悟が必要です。

話し方のスキルは、この先行き不透明な時代の「最大の武器」です。その力が必要なのは、政治家やリーダーだけではありません。将来のリーダーとなりうる皆さんも同じです。

日本の政治家の「発信力のなさ」を嘆くだけで終わらずに、ぜひ皆さんは「反面教師」にすることで、「話し方のスキル」を磨き上げ、「人を動かす」「人の心をつかむ」人になってください。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT