「猫の日」に食べたいニャンともかわいい縁起物

猫好きのテンションが上がる2月22日の癒し

お取り寄せOK! 猫の日に食べたい白樺の「たらふくもなか」(写真:Domani編集部)

2児のママであり、女性誌エディター川口ゆかりさんの人気連載。2月22日は猫の日。皆様のお察しどおり、猫の鳴き声にちなんで名付けられたのだそう。今回は、そんな日にぴったりな猫モチーフの絶品グルメを紹介します。

かわいいだけじゃなく、原材料にもこだわりが!

猫好きの手土産として鉄板なのが、東京下町・錦糸町にお店を構える『和菓子司 白樺』の「たらふくもなか」です。

当記事は、Domani(ドマーニ)公式ウェブサイトの提供記事です

日本の縁起物であり、ラッキーキャットとして海外でも注目を集める招き猫をモチーフにした最中。のんびりと寝そべる姿は、愛嬌たっぷりで見ているだけでも癒されますよね。数年前にこちらを手土産にいただいて以来、その愛らしさとおいしさに一瞬で虜になった1人です。

「たらふくもなか」12個入りで¥2,650。箱を開けると〝にゃんとも〟かわいい猫がズラリ!(写真:Domani編集部)

招き猫のなかに詰まっているのは、希少性の高さから「白いダイヤ」とも称される北海道産の白小豆。大きな銅なべで丁寧に炊きあげると、おめでたい黄金色のあんこになるんだとか。なんとも縁起がいいですよね。

化粧箱にぎっしりと並ぶ姿は愛らしさたっぷり。猫好きでなくとも、かわいらしいスイーツに思わず笑が溢れること間違いなし! 手土産としてはもちろん、日ごろがんばっている自分へのご褒美として、お取り寄せするのもおすすめです♡ ただし、あまりのおいしさに「たらふく」食べすぎないよう、ご注意を。

川口ゆかり
女性誌やWeb広告でエディターとして活躍するかたわら、JSIA飾り巻き寿司1級インストラクター資格を取得。2016年夏より、東京・青山で料理教室『おもてなしごはん東京』をスタート。不定期に飾り巻き寿司レッスンを開催しながら、ファッション誌のフードスタイリングや企業のレシピ開発なども行う。プライベートでは2児の母。おしゃれ業界人がたびたび登場する本人のインスタグラムも話題。
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT