太陽電池事業は、今後数年で格付け評価上の比重が一段高まる可能性《スタンダード&プアーズの業界展望》


[+]画像拡大

[+]画像拡大

主要な技術間競争は一段と激化する方向

現在、多くのメーカーが多様な技術方式を通じて、製品信頼性や発電効率の向上、製造コストの低減を進めている。これまでは、高純度で変換効率が高い「単結晶シリコン型太陽電池」と、単結晶型よりもコストが安い「多結晶シリコン型太陽電池」が主流だったが、原料のシリコン使用量が少なく量産化も進展している「薄膜シリコン型太陽電池」や、製造コストが非常に安い「化合物薄膜型太陽電池」なども市場シェアを高めている。

09年には、「化合物薄膜型」技術を用いた太陽電池を積極的に販売して、出荷シェアを大きく伸ばした米ファーストソーラー社が、初めて世界シェアで首位に躍り出た。現在の太陽電池事業には激しい技術間競争があり、技術革新のスピードが市場地位の浮沈を左右する可能性がつねに存在する。スタンダード&プアーズが太陽電池事業のリスクが高いとみている大きな要因の1つがここにある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT