「ジョン・レノン」繋がりから見えた新たな真実

幼い頃からの歴史を次世代に伝える男の証言

ジョン・レノン(右)とジョンを育てたミミ(メアリー・スミス)伯母さん(写真:REX/アフロ)
1963〜1970年にかけて世界を席巻したザ・ビートルズ。英国のリバプールには、そのメンバーだったジョン・レノンの家「メンディップス」がある。そこで17年間、管理人を務めてきたコリン・ホール(71)は長いインタビューの中で、時代の息吹を伝え続けることの大切さを語った。そのエピソードには、日本からの訪問者も登場する。ロングインタビューの最終回、コリンが本当に伝えたかったエピソードとは。

管理人の住居は「下宿部屋」

――メンディップスに住んでいたとき、その1日はどんな様子でしたか。

朝は7時から7時半の間に起きて、準備をして、階下に降りて朝食を食べます。裏庭に面した「下宿部屋」と呼ばれる部屋が管理人の住居です。1947年から1962年にかけて、(ジョンの伯母の)ミミがリバプール大学の学生の下宿人を受け入れていて、「下宿部屋」はその学生用でした。

朝食は、庭に続く「モーニングルーム」で取ります。モーニングルームは、ジョンのお気に入りの場所だったそうです。私の妻・シルビアは、朝食の後、(ポール・マッカートニーが育った家で同じくナショナル・トラストが管理している)「フォースリン・ロード」へ出勤します。

妻が出かけると、家全体をチェックし、皿や電気ケトル、トースターなどをきちんと片付けたかを確認します。それから、掃除機をかけ、必要に応じてモップ掛けやホコリ取り。家具の位置も調整します。最初のツアーが10時15分頃に到着するので、それまでにその日に話すことを頭の中で反すうし、「管理人のコリン」に変身するわけです。

メンディップスはミミの家で、ミミの夫ジョージは1955年に亡くなりましたが、ジョンは5歳の時、1946年にここで一緒に住むようになり、22歳まで暮らしました。一時、ジョンの最初の妻・シンシアと赤ん坊だった息子のジュリアンも住んでいたことがあります。ですから、話すべきエピソードがたくさんあるんです。

次ページ年間の平均訪問者は約1万2000人
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT