参院選に適用へ、民主党の公職選挙法改正案/課題と展望--解禁へ向け動き出したインターネット選挙運動[7・最終回]


 民主党も2009年に「民主くんダッシュ!」という携帯電話とパソコン向けゲームを作り、そのゲーム難度の高さが話題となったが、韓国では、このようなゲームづくりを候補者それぞれが行ってしまい、大きな資金負担となったのである。

そして、何より韓国で問題になったのが誹謗中傷だ。

02年の大統領選時にはネットが盧武鉉当選の原動力となったが、影響力の大きさから半ば落選運動の道具にも使われるようになり、07年の大統領選では対立候補のスキャンダルを暴き合うという形にまでエスカレートした。実際、李明博大統領の株価操作疑惑はネットが出所であった。

結局、韓国では、一定規模のネットサービスに対して、その利用時に本人確認が義務付けられてしまい、09年4月からは住民登録番号を照会して確認がとれないと会員登録すらできない状態となる。その結果、あれほど盛んであったネットの政治利用が激減した。

筆者は、まず候補者が情報発信できるようにすることから始めるべきだと考えている。

ヤフー、楽天、Googleといった大手ポータルサイトがプラットフォームを作り、候補者はその中でのみ情報を開示するという方法であれば、初めてのネット選挙解禁に無理なく入っていけると考えたからだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT