参院選に適用へ、民主党の公職選挙法改正案/課題と展望--解禁へ向け動き出したインターネット選挙運動[7・最終回]


3)選挙管理委員会の役割
課題:誹謗中傷対策のために、中央選挙管理会によってURLや候補者情報を掲載するのか。
素案:
中央選挙管理会による公的管理は行わない。

4)第三者の選挙活動
課題:第三者による運動可否と、可の場合の有料広告の取り扱い。
素案:
・第三者は自由に運動を行えることとする。
・候補者、政党のみ有料広告を行えることとする。ただし、あいさつ目的の有料広告は不可。罰則も設ける。
・インターネットによる氏名の虚偽表示罪にも罰則を設ける。

5)法案成立から施行までの期日について
課題:周知徹底と、総務省サイドの準備
素案:
この改正法の施行は「公布の日から起算して1カ月を経過した日」とする。6月24日公示の参議院選挙に間に合わせるためには、5月17日までに国会を通過させ、5月24日までに改正法を公布する必要あり。

実は、今回の民主党案作成過程において「ウェブサイトの更新を許可するまでにとどめるか、電子メールの送信まで認めるか」は大きな争点にならなかった。

インターネット選挙運動の解禁というならば電子メールの解禁も当然に含むべきであるし、議論するまでもないといえばそうかもしれない。しかし筆者は、第6回で述べたとおり韓国で起きた事例を心配している。

1つ目は、ネットを解禁したとたんに、今度はネットのほうにお金をかけすぎてしまうことだ。ブログやプロモーションビデオを必要以上に豪華なものにしたり、ネットゲームで気を惹いたりすることが実際に韓国で起こった。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT