「富裕度」不動のツートップ、浦安と武蔵野

部門別「住みよさランキング2014」(下)

「住居水準充実度」は珠洲(石川)の首位変わらず

「住居水準充実度」では珠洲市(石川)が5回連続でトップとなった。このカテゴリーは、今回は採用指標の更新がなく、昨年と同じデータでの評価のため、順位の変動がなかった。

このカテゴリーのトップ10は、北陸や東北地方のとくに山間部や半島部などに位置する、どちらかというと過疎化の進んでいる地域の都市で占められている。

実際、この地域には大きな作りの家が多い。その背景として、以下のような地域特性が挙げられる。

・何世代にもわたり基幹産業の農林水産業に従事し代々の持ち家に住む世帯が多い

・それに伴い、3世代同居比率が全国平均よりも高い

・地域内での相互互助関係が強く、冠婚葬祭などの際に多くの人を自宅に招くような慣習がある

なお、採用指標の1つである「世帯あたり住宅延べ面積」は、「住宅・土地統計調査」によって更新される。

この2013年調査結果は今年の7月以降、順次公表される予定だ。

5年間の変化が反映されるだけに順位の変動は必至で、来年以降のランキングにも要注目だ。

■都市データパック
「住みよさランキング」でおなじみ、全国47都道府県の市・区ハンドブック。
豊富な社会・経済データと独自調査による多彩な地域情報で全国813市区を多面的に紹介。豊富な統計データもさらに充実。
紙版はこちら       データ版はこちら 

 

トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。