「富裕度」不動のツートップ、浦安と武蔵野

部門別「住みよさランキング2014」(下)

「富裕度」は浦安と武蔵野が6連覇、みよし脱落

「富裕度」は浦安市(千葉)と武蔵野市(東京)がともに6回連続でトップの座を維持した。昨年1位に並んでいたみよし市(愛知)は、「財政力指数」の低下が響き3位に後退した。

浦安市は東京ディズニーリゾート、武蔵野市は吉祥寺という全国トップクラスの商業集積を擁しているうえ、いずれも市内には高所得層が居住する住宅街を有する。

両市とも「財政力指数」「1人当たり地方税収」「納税者1人当たり課税所得額」の3指標すべてトップクラス。浦安市は、東日本大震災時に液状化現象の被害に見舞われたが、「富裕度」ランキングへの影響は見られなかった。

みよし市はトヨタ自動車の工場と関連企業が立地しており、財政面では恵まれた環境にある。これは、5位の刈谷市、12位の東海市、14位の豊田市、17位の安城市(いずれも愛知)も同様だ。

2014年3月期決算では、円安も含めたアベノミクスの効果で自動車関連企業の業績急回復が目立っただけに、これら愛知県内都市の来年のランキングが注目される。

次ページ住居水準の充実度高い北陸・東北
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。