「感情」の地政学 ドミニク・モイジ著/櫻井祐子訳

「感情」の地政学 ドミニク・モイジ著/櫻井祐子訳

国際情勢を動かす真因は、経済でも軍事でもなく、非合理で主観的な「感情」である--。本書は新たな分析パラダイムを提示し、「感情で動く世界」の全貌を描き出そうとする。

「恐れ」「屈辱」「希望」の三つの基本的感情に焦点を当てる。その理由は、この三つの感情が「自信」という概念と切り離せないからだという。

「恐れの文化」にとらわれ続けるアメリカ。ヨーロッパも移民などの「他者」におびえ、「恐れの文化」を共有する。

その西洋世界への歴史的屈従から「屈辱の文化」に揺れるアラブ・イスラム。中国、インドの急速な経済成長に導かれる「希望の文化」に満ちたアジアでは、ただ一国、日本だけが「恐れの文化」に属する。

2025年の世界情勢を具体例に、そのとき、中・印・パの「恐れ」がアジアを覆い、日本は「核」を保有するとも。

ヨーロッパを代表する国際政治学者が解き明かす。

早川書房 1785円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT