「感情」の地政学 ドミニク・モイジ著/櫻井祐子訳

「感情」の地政学 ドミニク・モイジ著/櫻井祐子訳

国際情勢を動かす真因は、経済でも軍事でもなく、非合理で主観的な「感情」である--。本書は新たな分析パラダイムを提示し、「感情で動く世界」の全貌を描き出そうとする。

「恐れ」「屈辱」「希望」の三つの基本的感情に焦点を当てる。その理由は、この三つの感情が「自信」という概念と切り離せないからだという。

「恐れの文化」にとらわれ続けるアメリカ。ヨーロッパも移民などの「他者」におびえ、「恐れの文化」を共有する。

その西洋世界への歴史的屈従から「屈辱の文化」に揺れるアラブ・イスラム。中国、インドの急速な経済成長に導かれる「希望の文化」に満ちたアジアでは、ただ一国、日本だけが「恐れの文化」に属する。

2025年の世界情勢を具体例に、そのとき、中・印・パの「恐れ」がアジアを覆い、日本は「核」を保有するとも。

ヨーロッパを代表する国際政治学者が解き明かす。

早川書房 1785円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。