天皇家が継いできた「歌会始」に映る皇族の心中

雅子皇后の歌の変遷にお悩みと回復が見える

15世紀から続く伝統だ(写真:CORA/PIXTA)

『明治天皇はシャンパンがお好き 近現代日本 歴史の横顔』(文春新書)の著者、浅見雅男氏は、近代日本の華族たちに関する研究の第一人者。

本書は、これまで積み上げてきた数々の実績に基づき、各分野で名を遺す偉人たちの知られざるエピソードをまとめたものだ。

取り上げられている人物は、天皇、皇族、文士、学者、実業家、政治家、ジャーナリスト、スポーツマン、芸能人など多岐にわたる。つまりその大半が、いわゆる著名人、有名人と呼ばれる立場にある。

当然、伝記などもたくさん書かれ、また彼らを主人公としたノンフィクション、あるいは小説なども多い。それらを通じて、この人たちのわれわれなりのイメージをつくりあげているわけだが、本書『明治天皇はシャンパンがお好き』は、それになにかをつけくわえられたら面白いのでは、という意図のもとに書かれた。(「まえがき」より)

言ってみれば、一般的に知られているような聖人君子たる側面ではなく、あまり知られることのない、どちらかと言えば人間くさい側面に焦点を当てているということだ。

今回は「歌会始あれこれ」に焦点を当ててみたい。

17年ぶりの雅子皇后出席

現在も毎年正月に宮中で行われている「歌会始」が始まったのは、15世紀のこと。そして天王崩御による 諒闇(喪)中などを除き、明治天皇即位直後の明治2(1869)年正月から毎年開かれるようになったそうだ。

そして以後、数年間は天皇と皇后をはじめとする皇族や高官、高位の元公家らだけが、毎年の「御題」によって歌を寄せた。だがそののち、次第に一般の国民からの詠進も認められるようになり、たとえば明治7年には、4139もの歌が宮内庁に届いたという。

その点について浅見氏は「宮中の『民主化』は歌からはじまっていたというべきか」と記しているが、たしかにやや意外な話ではある。

次ページ明治2年の天皇の歌は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT