「一生許されない人」「OKな人」謝り方、6つの差

挽回できる「完璧な謝り方」知ってますか?

「謝罪顔」ができない人の特徴としては、「ふとした弾みに笑っているように見える」「態度が大きく、反省しているように見えない」などがあります。

そういった人には、「頭のてっぺんから、足のつま先まで『とにかく申し訳ない』という気持ちになりきる」ことが大切とお伝えしています。

例えば、次のようなことに注意してみましょう。気をつけるべきポイントは山ほどあります。

【謝るときの態度・しぐさ・服装】
・目を「見開く」のではなく、「伏し目がち」にする
・アゴを上げて発言すると横柄な印象になるので、アゴは「引き気味」に
・よどみなく早口で謝罪するよりも、「絞り出すように」言葉を発する
・テーブルに肘をつかない
・記者とは「適度な距離」を確保する
・「派手にならない服装」にする など

「謝罪」は軽視できない「奥の深いスキル」である

コミュニケーションの要諦は「自分が何を言ったか」ではなく「相手がどう受け止めるか」です。

日本ではコミュニケーションについて戦略的に振る舞うと、「狡猾だ」「あざとい」という言い方をされてしまい、その「技術」を軽視する傾向があります。

しかし海外では、どのような表情やしぐさをすればコミュニケーションがうまくいくのか、「大学の学問」として「エビデンス」を積み重ねながら真剣に研究されている分野です。

ボディーランゲージの専門家が大勢いて、1つひとつのしぐさを観察し、「どんな意味があったのか」「どんな意図があるのか」を分析されてしまいます。「髪型」から「服装」「表情」「手の動き」「姿勢」まですべてを計算して、「相手に与える影響」を予期し、十分な準備をする必要があるのです。

たとえ間違いを犯しても、「美しい謝罪」によって、許され、再び受け入れられる人がいる一方で、「醜い謝罪」をする人は、長い間そのツケを払わされることになります。そういった意味で、「謝罪」は実に奥の深いスキルであり、その「技術」を軽視することはできません。

話し方を変えれば、人生が変わりますが、「正しい謝り方」も、話し方の重要なスキルです。皆さんも、ぜひトラブルや失敗を最小限で食い止められる「正しい謝罪の技術と話し方」を身に付けてくださいね。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT