2021年東京五輪開会式の日が中国に超重要な訳

来年の国際政治の「外交日程」を見てみよう

さて、ここまで書いてみて、ずいぶん鬼に笑われたような気がするが、ここから先は今週末の話。当たったか外れたかはすぐにわかる。お馴染み競馬コーナーである。

先週(13日)の「牝馬決戦」では、白馬ソダシが無敗の2歳女王に輝いた。今週末(20日)の2歳牡馬マイル王決戦(G1、朝日フューチュリティステークス、距離1600メートル、阪神競馬場11R)はどうだろう。

11月14日のデイリー杯2歳ステークスで、同じ阪神芝1600メートルのコースをレコード勝ちしたレッドベルオーブ(4枠8番)が出走する。

朝日杯は実力馬2頭のうち「人気薄」のホウオウアマゾン

昨年の朝日杯FSでぶっちぎりだったサリオスのタイムが1分33秒ゼロである。それを1分32秒4で勝ったというのだから、この馬が本命となるのは自然な勢いだろう。

ただしデイリー杯では、ホウオウアマゾン(7枠13番)とアタマ差のゴールだった。今年の2歳馬ではこの2頭が頭抜けているのではないか。

となれば、やや人気薄となるホウオウアマゾンのほうを狙ってみたくなる。両者を比べると、ディープインパクト産駒のレッドベルオーブはコントレイル似、馬体の大きいホウオウアマゾンはサリオス似のようである。マイル勝負であれば後者に分がありと見て、ホウオウアマゾンを本命に推す。

あと1頭、気になるのはサウジアラビアRC(ロイヤルカップ)を勝ったステラヴェローチェ(4枠7番)だ。

こうしてみると2歳馬も多士済々で、来年のクラシック戦線が今から楽しみだが、それも鬼に笑われてしまいそうだ。まずは今週末のレースに専念するとしよう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT