2021年東京五輪開会式の日が中国に超重要な訳

来年の国際政治の「外交日程」を見てみよう

そこで日米首脳会談のテーマは何かといえば、気候変動を巡る日米協力、ということになるのではないか。

日本も「2050年までのカーボンニュートラル」を宣言したのはいいものの、「脱炭素社会」にむけての具体策は心もとない。かなりの部分を「今後のイノベーション(技術革新)」に期待することになっている。同様にアメリカ側も、内政面での着手は手間取りそうだ。

他方、欧州勢はアメリカのパリ協定復帰に手ぐすねを引いていよう。5月のG7(英国)、10月末のG20(イタリア)、11月のCOP21(英グラスゴー)と続く国際会議では、さまざまな形で同調圧力を加えられそうだ。途上国向けの石炭火力発電所輸出をいかに規制するか、といったきわどい問題もある。日米の協力が求められるところであろう。

7月23日の日中の「偶然の一致」とは?

2021年の政治外交日程の中で、もっとも注目を集めそうなのが7月23日、東京五輪の開会式である。

そもそも実現可能なのか、と言われるとそこはもちろんコロナ次第、ワクチン次第なのだが、これが開かれないとなるとそれこそ2024年のパリ大会も怪しくなるし、2028年はどこの都市が手を挙げてくれるのか、ということになってしまう。

IOC(国際オリンピック委員会)としては「お願いだから東京、やってくれ!」というところであろう。トーマス・バッハ会長は来年3月に再来日と聞くので、そこが最終決定のタイミングとなりそうだ。

ところでこの7月23日、実は中国共産党の創設100周年という記念日でもある。1921年、全国から上海に集結した陳独秀など13人の共産党員たちが、コミンテルンの指導の下に7月23日から31日にかけて、第1回の党大会を開催した。その中には、若き日の毛沢東も長沙代表として含まれていた。

来年はそれから100周年となる。1949年の建国100年と並び、現在の習近平体制にとっては超重要イベントである。まして習近平氏は2022年秋の党大会で、総書記「3選」を目指している。「党大会100周年」の関連行事は重い意味を持っていよう。

次ページ重要イベントが「ビンゴ」の中国はどうする?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT