日本で「ナイキ動画」批判された当たり前の理由

日本に人種差別はないという人に伝えたいこと

ナイキの動画に賛否両論が集まった理由とは(写真:REUTERS/Valentyn Ogirenko)

11月30日、ナイキジャパンは心揺さぶる2分間のCMをリリースした。タイトルは「動かしつづける。自分を。未来を。The Future Isn't Waiting,  #YouCantStopUs」。この動画では、3人のティーネイジャーたちが学校でいじめの対象になっている架空のストーリーを通して、日本の若者の試みと苦難を描いている。

この動画はSNSなどで瞬く間にシェアをされたので見たという人も少なくないだろう。数多くの人が「素晴らしい」と賞賛する一方で、「日本には存在しない人種差別を作り上げている」と批判する人もまた多くいて、中にはナイキの不買運動を訴える人さえいた。

ナイキは間違いを犯したのか? 私はまったくそう思わない。それどころか、ナイキは日本に素晴らしい問いを投げかけた、と思っている。その理由を伝える前に、見ていない人のために動画の内容を紹介しよう。

日常的に起こる人間性を剥奪する行為

登場する1人の少女は父親が黒人、母親が日本人の、異なる人種の血を引いており、周囲に溶け込むために苦しみ、「私って普通?」と悩む。一方、クラスメートたちは、そんな少女に廊下で意地の悪い視線を投げ、トイレで彼女を取り囲んで好き勝手に髪の毛に触るのだ。

こうした相手の人間性を剥奪する行為が、日本では、実は日常的に起こっている。異なる人種の両親の元に生まれた子や、アフリカ系子孫で非日系の子たちは、自分たちの苦しみを訴えてきた。私もその1人だ。

CMでは、この少女が大坂なおみの動画を見ているところも登場する。大坂はハイチ人と日本人の両親を持つテニスの全米オープン覇者で、これまでアイデンティティと日本のいじめ問題について率直に話してきた。動画で大坂は、自分にしばしば向けられる次のコメントに応えている。「で、あなたはアメリカ人?日本人?」。

次ページ韓国人の少女の「悩み」
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT