攻撃的な人の「態度を軟化」させるある言葉

高圧的な態度は「自信のなさ」を表している

他人に攻撃的な相手の態度を軟化させる最高の心理術とは(出所:『マンガ版 ちょっとだけ・こっそり・素早く「言い返す」技術 』より) 
「言い返したい! でも言い返せない……」
そんな悔しい思いをしている人も少なくないはず。でも、無神経な言動を繰り返す人を完膚なきまでにたたきのめす必要はありません。大切なのは、「ちょっとだけ反撃」をして、身を守ること。
精神科医・ゆうきゆう氏と漫画家Jam氏のコラボによる『マンガ版 ちょっとだけ・こっそり・素早く「言い返す」技術』から、「巧みにかわす」「賢く言い返す」コツを漫画とともにお届けします。

説得力がみるみるアップする一言とは?

「論より証拠」と言うように、相手を効率よく説得するためには客観的なデータを持ち出すのが有効、というのは聞いたことがあるでしょう。それこそみなさん日常のお仕事の中で、営業の売り文句、プレゼン資料、企画書などの作成時には、説得力のありそうなデータを求めて、日々奮闘なさっているかもしれません。

でも、自分の意見をオドオド言って、相手の判断を待つだけでは、不十分。リュックサックにせっかく荷物を詰め込んで、フタを開けっ放しにするようなもの。あともう一言、最後のツメが必要なんです。

◎「だから」は、無条件で

提案や依頼のときは必ず、「~だから、○○」というのを忘れないこと。
「この件は譲れないのですが……」で止めないで、「ですので、ぜひ今回はこの方針でお話を進めさせていただきたいのです」。それが、最も強く相手の気持ちを導く言葉になるのです。あなた自身が迷っていては、相手の心は動きません。

◎ムチも気持ちも、強く握ること

そもそも人は、説得のときにどうして中途半端な暗示の言葉で終えてしまうのでしょうか。その理由はたった1つ。

自分に自信がないからです。

「僕が強引に主張しても、本当はNOかもしれない。無理強いしているだけかも……」そんな気持ちを抱えるのが怖いから、つい結論は言わず、あえてニュートラルな状態にして、相手に決断させてしまいます。言い換えれば、相手が自主的に自分の都合に合わせてくれることを通して、同時に自分の自信回復も行おうとしているわけです。でも、それでは成功率は上がりません。

大切なのは、意見を述べる瞬間は、あえて自分に迷いを持たないこと。いったんムチを握ったら、最後まで手をゆるめてはダメ。とどめの一撃で、相手をあなたの用意した結論まで確実に追い込んであげてください。中途半端な言い方では、気持ちもムチも重く感じるもの。あなただけの想いを、もう一度強く硬く握り直してみましょう。

次ページ攻撃的な人の本心とは?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT