自律神経のバランスを乱す「悪い習慣」の正体

下がった副交感神経をいかに上げて整えるか

整え方のポイントは、ずばり「副交感神経を上げる」こと。多忙でストレスに満ちた生活を送っている現代人は、「交感神経が高く、副交感神経が低い」ケースが大多数を占めます。

さらに、加齢によって、副交感神経が低下しやすくなることもわかっています。われわれの研究では具体的には、男性は30歳を境に、女性は40歳を境に副交感神経のレベルが大きく下がり、以後10年ごとに15%ずつ低下していくことが明らかになっています。

したがって、自律神経のバランスを整えるためには、下がってしまった副交感神経をいかにして上げるかということがカギになってきます。その方法は意外なほどシンプルです。

  • ①血流をよくする
  • ②深い呼吸をする
  • ③心地よさを感じる
  •  

血流・呼吸・心地よさは、実は自律神経とリンクしており、互いに影響を与え合っています。そのため、次のような関係が成り立ちます。

  • 「血流が悪くて呼吸が浅く、心地よさを感じていない→自律神経のバランスが乱れる」
  • 「自律神経のバランスが整う→血流が促され、呼吸が深くなり、心地よい状態」

体や脳、心の健やかさを奪う

お気づきでしょうか。①血流をよくする②深い呼吸をする。この2つはどちらも「体を伸ばさないことによる弊害」と関係しています。体を伸ばさずにいると、血流が悪くなり、呼吸も浅くなりますよね。

『スゴ伸び』(小学館集英社プロダクション)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

さらに、実は首と背中には、自律神経のなかでもとくに重要な神経が走っているため、姿勢の悪い状態が長く続くと、自律神経の働きそのものも阻害されてしまいます。

つまり、体を伸ばさないことによって、さまざまな要素が自律神経の働きを邪魔し、体や脳、心の健やかさを奪ってしまうのです。

そして、自律神経のバランスを整えるポイント③心地よさを感じる。これも非常に大切です。いくら体を伸ばしても、それが苦痛を伴うものだとしたら自律神経のバランスは乱れます。したがって、体の硬い方が無理やりストレッチをすることは、「体を大切にする」という観点からすると望ましくありません。

大切なのは、体をしっかり伸ばしつつ、心地よさを感じること。それによって副交感神経が優位になり、自律神経のバランスが整います。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT