大手携帯キャリアの値下げに全然喜べない理由

「安さ」の裏には当然ながら、ワケがある

つまり、ドコモショップに駆け込んでもダメです、受け付けられませんよ、というのが最大の肝なのだ。料金を安くするのは“受付拠点や提供サービスの絞込みを行うことで効率化を図る”からで、まずはなんでも自分でやってくださいね、というのがahamoの真の姿だ。まさに「自助プラン」である。

対人サービスにはメリット・デメリットがある

だからどうした、いいじゃないか自分でオンラインでやれば、というIT強者はよい。しかし、ドコモにはiモード時代から乗り換えなしで使い続けているシニアやシニア予備軍ユーザーも数多くいる。筆者の親世代もそうで、「何かあればドコモショップに行く」あるいは「困ったときはサポートに電話する」のが当たり前だ。

筆者自身もスマホが仕事道具なので、不具合やトラブルが起きると死活問題となる。万が一の事態でもドコモショップに行くとすぐに代替え機を渡してくれるし、とにかく自分より詳しいショップ店員があれこれ説明してくれる。しかも、会社のそばにも自宅のそばにもドコモショップの看板がある。

これだけの拠点と人員を維持しているコストをどうやって賄うか考えれば、それは携帯料金で稼ぐしかない。格安ケータイとの料金差の1つはおそらくここにある。

自分が求めるサービスの対価は支払わなくてはいけない。携帯料金は今よりぐんと安くしたい、でも困ったときはドコモショップで相談にも乗ってほしい、緊急時には人が電話に出てほしい、とは虫がいい話になってしまう。

「安さは正義」とのキャッチフレーズは個人的に大好きだし、そうだとも思う。しかし、安さの理由もわかっていなくてはいけない。

携帯ユーザーの皆さんは、料金だけでなく、自分が求めるサービスがそれに含まれるかも考えたうえで、新しいプランを選ぶべきだと思う(ちなみに、現ドコモユーザーがahamoに変えると、「みんなドコモ割」「ファミリー割引」「ドコモ光セット割」などの割引サービス等は現時点では対象外というが、サービス開始時点で再度確認したほうがよさそうだ)。

次ページ楽天モバイルの通信サービスと比較すると
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT