大手携帯キャリアの値下げに全然喜べない理由

「安さ」の裏には当然ながら、ワケがある

まだ先がある。

繰り返すがこれはauユーザー、そして「じぶんでんき」の契約者向けの優遇だ。

住宅ローンの返済は一般的に30年、35年といったところ。この期間中に、もしauの通信契約をやめれば優遇は終わる。電気契約だって、ほかの電力会社に乗り換えれば優遇終了だ。つまりは、数十年単位で自社のサービスを長期契約してくれる人に、その見返りに安い金利を提供してくれるというわけだ。

「安い」「おトク」が大好きな私たちは、目立つ数字に飛びつきがちだが、そこで「なぜ安いサービスが提供できるのか」「その原資はどこから来るのか」を考える癖はつけておきたい。

デジタル社会は「誰一人取り残さない」世界なのか

どんどんシニアに向かっていく世代の1人として、不安になることもある。問い合わせやサポートはどんどんチャットになり、その対応はAIに変わりつつある。人と話せば一度で済みそうなことも何度もやり取りが必要だし、とはいえ有人サポートを受けるためにもネット予約が必要な時代だ。

この先、日本はどんどん高齢化するというのに、このままでははやりのSDGsが掲げる「誰一人取り残さない、持続可能なよりよい世界」とは真逆になりそうな気すらする。省人化、効率化、利益最大化のデジタル社会となった未来は、はたして住みやすいのだろうか。

誰かにきめ細かにお世話をしていただくには、それなりの対価が必要と思えば、「安い」ばかりを喜んでいられない。少なくとも、ドコモユーザーである筆者はahamoには変えないだろう。現プランとの差額は、いざというときのサポート料だと割り切っている。とはいえ、本体プランの値下げに大いに期待しているのは内緒だ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT