大手携帯キャリアの値下げに全然喜べない理由 「安さ」の裏には当然ながら、ワケがある

✎ 1〜 ✎ 57 ✎ 58 ✎ 59 ✎ 最新
拡大
縮小

まだ先がある。

繰り返すがこれはauユーザー、そして「じぶんでんき」の契約者向けの優遇だ。

住宅ローンの返済は一般的に30年、35年といったところ。この期間中に、もしauの通信契約をやめれば優遇は終わる。電気契約だって、ほかの電力会社に乗り換えれば優遇終了だ。つまりは、数十年単位で自社のサービスを長期契約してくれる人に、その見返りに安い金利を提供してくれるというわけだ。

「安い」「おトク」が大好きな私たちは、目立つ数字に飛びつきがちだが、そこで「なぜ安いサービスが提供できるのか」「その原資はどこから来るのか」を考える癖はつけておきたい。

デジタル社会は「誰一人取り残さない」世界なのか

どんどんシニアに向かっていく世代の1人として、不安になることもある。問い合わせやサポートはどんどんチャットになり、その対応はAIに変わりつつある。人と話せば一度で済みそうなことも何度もやり取りが必要だし、とはいえ有人サポートを受けるためにもネット予約が必要な時代だ。

この先、日本はどんどん高齢化するというのに、このままでははやりのSDGsが掲げる「誰一人取り残さない、持続可能なよりよい世界」とは真逆になりそうな気すらする。省人化、効率化、利益最大化のデジタル社会となった未来は、はたして住みやすいのだろうか。

誰かにきめ細かにお世話をしていただくには、それなりの対価が必要と思えば、「安い」ばかりを喜んでいられない。少なくとも、ドコモユーザーである筆者はahamoには変えないだろう。現プランとの差額は、いざというときのサポート料だと割り切っている。とはいえ、本体プランの値下げに大いに期待しているのは内緒だ。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT