大手携帯キャリアの値下げに全然喜べない理由

「安さ」の裏には当然ながら、ワケがある

ちなみに、後発キャリアの楽天モバイルが提供する通信サービスは、月額2980円(キャンペーンで1年間は無料)、自社エリアに関してはデータ量使い放題で5Gにも対応、各種手数料無料と、ahamoとほぼ同条件だ。

ネット手続きのほか、現時点ではショップでも対応している。ネットのイメージが強い楽天のほうが、対人店舗で受け付けるというのも皮肉な話だ。

安さを享受するにはそれなりの対価が発生する

一般的に、「安い」の理由にはパターンがある。例えば、ahamoのように人を介さず、人件費がかからない分コストダウンする、というもの。店舗を持たないネットショップ、ネット銀行やネット証券、ダイレクト保険なども同じ理屈だ。

次に、スケールメリット。大量に購入する、長期間購入する、大人数がまとめて契約するなどだ。それこそスマホの〇年縛り、家族割り、法人契約などもそうだろう。

後者の例として、こんな例がある。

KDDIはauフィナンシャルグループの目玉サービスとして、ユーザー向けに「住宅ローンauモバイル優遇割」を打ち出した。通信契約者に対する優遇は国内初(※11月現在)との触れ込みで、条件を満たせば最大で年0.1%をローン金利から引き下げる。11月現在の変動金利0.410%から、さらに0.1%下げて年0.310%という、目を疑うような低金利で借りられるのだ。

令和3年度の税制改正大綱には住宅ローン控除特例の延長策が盛り込まれ、コロナ不況で不動産価格が頭打ちになればマイホーム購入の後押しにもなるだろう。低金利のローンを打ち出すには絶好のタイミングだ。

ただし、単にauユーザーになるだけで優遇されるわけではない。もちろん条件はある。

まず、au家族割プラスに加入している回線が2回線以上必要(平たく考えれば夫婦どちらもauユーザーである必要がある)で、それをクリアすれば適用金利からマイナス0.07%になる。

加えて「じぶんでんき」で電気料金契約すると、さらにマイナス0.03%となり、この合計でやっと0.1%にたどり着く。つまり、家族が2人以上auユーザーで、電気契約も済ませたところで晴れて年0.310%という超低金利住宅ローンを獲得できるのだ。

次ページ「安い」「おトク」に飛びつく前に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT