日本人が知らない「ミッキーマウス」誕生秘話

ディズニー帝国成功の秘密は「4つのC」にあった

世界中で愛される「ミッキーマウス」はいかにして生まれたのか?(写真:Bettmann/Getty)
世界中で愛される人気キャラクター「ミッキーマウス」はいかにして生まれたのか? そこには生みの親であるウォルト・ディズニー氏の失業や倒産、仕事仲間からの恫喝など数多くの苦労がありました。同氏の少年時代からミッキーマウス誕生までの歴史を、作家の早見俊氏による『人生! 逆転図鑑』より一部抜粋・再構成してお届けします。

「夢を叶える秘訣を知っていれば、どんなハードルも越えられる」

ウォルト・ディズニーが残した言葉です。彼は秘訣についても具体的に語っています。秘訣は「4つのC」だというのです。いわく、Curiosity(好奇心)、Courage(勇気)、Constancy(継続)、そしてConfidence(自信)です。ディズニーは「4つのC」を実践し、大きな困難を乗り越え夢を実現したのでした。

ウォルト・ディズニーの人生

ディズニーは1901年、イリノイ州シカゴで生まれました。20世紀が開幕した年に誕生したとは、20世紀を代表する人物の一人となる彼にふさわしいですね。

一家が住んでいたのはシカゴの貧しい人々の居住区ですが、ディズニーが4歳のとき、シカゴから600キロ離れたミズーリ州に引っ越します。ミズーリ州に決めたのは、父イライアスの弟が農園を持っていたためで、イライアスが現地に赴いて調べてみると自然豊かな素晴しい土地でした。

イライアスは、ミズーリ州のマーセリーンに農場を買って、一家は移り住みます。当時のマーセリーンは人口4500人の小さな町でした。それでも、治安がよく、広場には野外ステージがある素敵な町でもありました。

一家の農場は広場から2キロほどの場所にあり、約16ヘクタールの農地が広がっていました。この農地で果物、小麦、とうもろこしを栽培し、家畜を育てました。

少年ディズニーは、牛や豚、鶏と接するのが大好きで、積極的に農場の仕事を手伝いました。彼にとって、農場は楽園だったのです。夏の午後、木陰に寝そべりながらリスやウサギ、小鳥をスケッチブックに描くようになります。

ディズニーに強い影響を及ぼしたのは、豊かな自然ばかりではありません。巡業に来た大衆演劇と映画です。とくに強い印象を受けたのは、演劇「ピーターパン」でした。後年、彼がアニメ映画化する際、主演のモード・アダムスに脚本を送ってアドバイスを求めたほどです。マーセリーンでの暮らしは、ディズニーの人生を決定づけるものでした。

次ページ「幸福な日」は続かなかったディズニー少年
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT