日本で「オンライン教育が進まない」本当の理由 海外よりIT技術が遅れているわけではない

拡大
縮小

ちなみに「日本は技術が遅れているのでオンラインラーニングの導入が進まない」と言い張る人が多数いますが、日本の技術はまったく遅れていません。システムを学校に導入していないだけです。システムを導入するのは難しい話ではなく、通信インフラはモバイル通信でも十分ですし、クラウドの既存パッケージも大量にありますので、お金を払えばいいだけです。

そもそもオンラインラーニングには大した技術はいりません。GoogleドキュメントやLINEなど無料ツールの組み合わせで十分です。事実、イギリスではそんな感じです。

「欧米の学校は自由」という妄想

「日本の学校には自由がなく、欧米の学校は自由だ」とよく聞きます。ここでいう「欧米」とは一体どこのことなのか。よくわかりませんが、海外の学校だから日本と違って自由だ、とするのは正直なところ大間違いです。

たとえば意外かもしれませんが、アメリカでもイギリスでもカナダでも欧州でも、私立や公立の厳しい学校は制服があります。イギリスの場合、私立であればほぼ100%、公立でもほぼ100%に近い割合で、幼稚園から高校まで制服があります。特に私立の有名校や学業成績優秀校は、日本ではドン引きするレベルで服装規定が厳しいのです。 カバンから靴やネクタイ、靴下まで全部指定されています。

それどころか4歳や5歳の幼児でも、服装や髪形に関して先生が毎日のようにチェックする。少しでも規定に合っていないと、親に注意の手紙が届いたり呼び出されたりします。着こなしにもきっちりとルールがあり、「登下校の際には帽子をかぶる」「ジャケットは必ず着用」というように厳しく定められています。

しかも制服自体もかなりフォーマルなスタイルで、4歳や5歳でも大人用のスーツを子どもサイズに小型化したものや、ウールのジャケットを着ることもあります。ネクタイだって簡易なものではなく、大人と同じように自分で結びます。それを4歳の子どもがやるのです。

次ページ学校に持っていく文房具も指定
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT