誰もが驚愕する医学史上の「とてつもない失敗」

「手を洗おう」と呼びかけた医師の哀れな最期

わたしたちが適切な医療を受けられるのは、先人たちの果敢な挑戦のおかげと言えそうです(写真:Benzoix/PIXTA)
人類がはじめて靴を履いたのはいつのこと? 古代エジプト人が試みた手術とは? 世界最初のチェーンストアはどこの国で生まれた? 1977年に日本の研究所が世界に先駆けて生み出したものとは?
ボタン、ホットドッグ、スーパーマーケット、コンタクトレンズ、数字、タイプライター、歯科ドリル、電気自動車、裁判官、憲法、貨幣、小説、テニス……。私たちは先人たちが生み出した数々のイノベーションによって、日々の生活を営んでいる。では、それらイノベーションは、いつ、誰が、どのようにもたらしたものなのだろうか? 世界を知り、未来を切り拓くためには、文明がどのように発展してきたのかを知ることが不可欠だ。
今回、ネジから女性の権利まで、人類文明における「はじめて」を網羅した、『なんでも「はじめて」大全』のなかから、とくに「医学の歴史」に注目し、先人たちの苦労と偉業を読み解く。

古代エジプト人が試みた恐ろしい眼の手術

現代の私たちは、病気やケガをすれば、レントゲンやCTスキャン、内視鏡などで体内を調べ、適切な治療を受けられる。この医療は、はるか紀元前から積み上げられてきた「トライ&エラー」の土台の上に成り立っているものだ。

『なんでも「はじめて」大全』によれば、医療のはじまりは紀元前4000年頃のインドのアーユルベーダなどにさかのぼるという。

『なんでも「はじめて」大全』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

とはいっても、当時はまだ荒削りの薬草学に、魔術と心霊術が混ざったものにすぎず、はじめて文字で記録された医療文書は、紀元前1900年頃の古代シュメールの粘土板と、紀元前1800年頃の古代エジプトのパピルス文書に残されている。

とくに、古代エジプト人の医療活動は革新的で、医師の名前や医療センター、婦人科と助産術、腫瘍、脳、脈拍などについての記述のほか、便秘に効くひまし油や鎮痛効果のある大麻など、科学的に有効な薬に関するはじめての記述がある。

白内障の手術も行っていたというから驚く。角膜から眼球に針を刺して水晶体を倒すという手法で、想像するだけで目を覆いたくはなるが、眼球の仕組みが的確に研究されていたのだ。

次ページ2500年継承される「ヒポクラテスの誓い」
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT