NiziUをゴリ押しと言う人が的外れでしかない訳

最速「紅白」、冠番組、CM出演の快進撃は必然

12月2日のデビューに併せて街中をジャックした(写真:西村尚己/アフロ)

12月2日にデビューしたガールズグループ・NiziUの勢いが止まりません。

デビューシングル「Step and a step」は女性アーティスト歴代2位の初週売り上げを記録し、オリコン週間ランキング1位を獲得。各種音楽配信サイトで軒並み1位となっているほか、YouTubeでの動画再生も2週間あまりで4400万回を突破しました。

音楽番組にも、「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)、「CDTVライブ!ライブ!」(TBS系)、「CDTVサタデー」(TBS系)、「Love music」(フジテレビ系)、「バズリズム」(日本テレビ系)、「シブヤノオト」(NHK)のレギュラー放送に加え、大型特番にも連続出演。

デビュー曲「Step and a step」を初披露した11月25日の「ベストアーティスト2020」(日本テレビ系)を皮切りに、12月2日の「2020FNS歌謡祭 第1夜」(フジテレビ系)に出演し、今後も25日に「ミュージックステーション ウルトラSUPER LIVE 2020」(テレビ朝日系)、30日に「第62回輝く!日本レコード大賞」(TBS系)、31日に「第71回紅白歌合戦」(NHK)に出演予定です。

音楽番組以外でも、「スッキリ」(日本テレビ系)で毎週のようにフィーチャーされているほか、「しゃべくり007」(日本テレビ系)、「沼にハマってきいてみた」(NHK Eテレ)などにメインゲストとして出演。12月4日から地上波初の冠番組「We NiziU!TV」(日本テレビ系)が日曜昼に4週連続で放送されています。

また、CMではロッテの「Fit’s」、SHIBUYA109 の「XMAS×NiziU」、コーセーの「カールキープマジック」などが決定。さらに、「第62回日本レコード大賞 特別賞」「Yahoo!検索大賞2020 アイドル部門賞」「MTV Video Music Awards Japan 2020 最優秀ダンスビデオ賞」を受賞しました。

その他でも、ローソンで「NiziUデビュー応援キャンペーン」が行われたり、コカ・コーラの「NiziU限定デザインボトル」が発売されたりなど、あまりの快進撃を見せている反動か、このところ称賛に肉薄する勢いでアンチの声が目立ちはじめています。その多くが「ゴリ押しだ」という批判でした。

先行投資ではなく、利益を得るスター

下記に主な批判の声を挙げていきましょう。

「出すぎてもう飽きられている」「紅白が終わったら落ちていくだけ」などの出演の多さに対する批判、「一般社会では全然話題になっていない“やらせ”人気」「マスコミは運営からいくらもらっているんだ」などのメディア報道に対する批判、「再生回数とか、何冠とか、数字で釣ろうとしている」「(売り上げ1位でも)どうせ事務所の大量購入だろう」などの売り出し方に対する批判、「歌もダンスもたいしたことない」「曲も普通で印象に残らない」などのパフォーマンスや楽曲に対する批判。

次ページすべてが「ゴリ押しするな」という声に帰結
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT