会社説明会にすら参加できない--2011年4月入社希望者の悲惨な就活実態

拡大
縮小


ある私立大学の就職課職員は「日付が変わるまでパソコンの前にいて、変わった瞬間からエントリーを開始しなくてはならない。異常な事態だとは思うが、そうしなければ就職できない」と語る。

2日に1回は説明会に参加

学生のエントリー平均社数は75.7社。かなり多めにエントリーしており、実際に説明会・選考に参加したいのは平均で35.8社。

多くの企業は、2月~3月にかけて選考のスタートとなる説明会を実施している。学生が2カ月間で説明会をすべて回ろうとすると2日に1回は説明会に参加しなければならず、多忙な就職活動を強いられていることがよくわかる。

(東洋経済HRオンライン編集部:田宮寛之)

【調査概要】
調査目的:2011年4月入社の就職を希望する大学生の活動動向把握
調査方法:レジェンダ社より対象学生へアンケート依頼メール送信
調査対象2011年4月入社の就職希望学生1万4774人
調査期間2010年3月8日(月)~2010年3月11日(木)
有効回答数1240人

 

人事・労務が企業を変える 東洋経済HRオンライン

 

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT