会社説明会にすら参加できない--2011年4月入社希望者の悲惨な就活実態


ある私立大学の就職課職員は「日付が変わるまでパソコンの前にいて、変わった瞬間からエントリーを開始しなくてはならない。異常な事態だとは思うが、そうしなければ就職できない」と語る。

2日に1回は説明会に参加

学生のエントリー平均社数は75.7社。かなり多めにエントリーしており、実際に説明会・選考に参加したいのは平均で35.8社。

多くの企業は、2月~3月にかけて選考のスタートとなる説明会を実施している。学生が2カ月間で説明会をすべて回ろうとすると2日に1回は説明会に参加しなければならず、多忙な就職活動を強いられていることがよくわかる。

(東洋経済HRオンライン編集部:田宮寛之)

【調査概要】
調査目的:2011年4月入社の就職を希望する大学生の活動動向把握
調査方法:レジェンダ社より対象学生へアンケート依頼メール送信
調査対象2011年4月入社の就職希望学生1万4774人
調査期間2010年3月8日(月)~2010年3月11日(木)
有効回答数1240人

 

人事・労務が企業を変える 東洋経済HRオンライン

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。