レヴォーグがフィットとヤリスに競り勝った訳

日本カー・オブ・ザ・イヤー20-21選出の裏側

今年の日本カー・オブ・ザ・イヤーはSUBARU「レヴォーグ」が激戦を制した(写真:日本カー・オブ・ザ・イヤー公式サイト)

12月7日、今年の「年クルマ」を選出する「2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤー(略称:COTY<Car Of the Year Japan>)」の最終選考会が行われた。今年はコロナウイルス感染拡大の影響で自動車業界は大きな影響を受けたものの、この間に登場したニューモデルの多くは各メーカーの次世代を担うモデルが多かった。

そんな中イヤーカーに選出されたのはSUBARU(スバル)「レヴォーグ」だ。スバル車の受賞は第24回の「レガシィ」(4代目:2003年)、第37回の「インプレッサ」(5代目:2016年)に続く3回目だ。また、最も上位の点数を獲得した輸入車に与えられるインポート・カー・オブ・ザ・イヤーは「プジョー208/e-208」が選出。こちらは初の受賞となる。

さらに部門賞として秀でた内外装デザインを持つクルマに与えられるデザイン・カー・オブ・ザ・イヤーは「マツダMX-30」、革新的な環境・安全技術を備えたクルマに与えられるテクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤーには「アウディe-tron Sportback」、感動的なドライブフィールが味わえるクルマに与えられるパフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤーには「BMW ALPINA B3」、そして総合的な優れた軽自動車に与えられるK CARオブ・ザ・イヤーには「ニッサン・ルークス/三菱ekクロススペース/ekスペース」が選出された。

COTYは1980年に創設以来、さまざまなモデルが選ばれてきた。毎年のことなのでおさらいになるが、どのようなモデルがどのような方法で選ばれるのか?

「年間販売台数500台以上」のルールが撤廃

今回のノミネート車両は2019年11月1日から2020年10月30日までに国内で発表/発売されたモデルで、対象車は「継続的に生産・販売され、一般消費者が特別な手段を用いずに購入できること」、「当年の12月下旬までに一般消費者が日本国内で購入できること」を満たしたすべての乗用車が対象となっている。今年は国産車13台、輸入車は20台の計33台がノミネートだ。

ちなみに今年から「年間販売台数500台以上が見込まれたモデル」というルールが撤廃され、輸入車に多い少量生産モデルも対象となり、BMWをベースに独自モデルを生み出す「アルピナ(世界年間生産台数1500台程度)」は初のエントリーとなった。

次ページ選考委員の持ち点はどう配分される?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT