「上場企業財務力ランキング」最新トップ300社

1位になったのは「スイッチ」が好調の任天堂

任天堂が今回1位になりました(写真:Bloomberg)
この記事の画像を見る(14枚)

今回で15回目の発表となる「東洋経済財務力ランキング」は財務面から企業の力を見ていこうというものだ。成長性、収益性、安全性、規模の4つのカテゴリーで、それぞれの財務指標(3年平均)を多変量解析の「主成分分析」で相対的に評価。各得点を合計してランキングを作成した。

このうち、収益性、安全性、規模の3つの得点はCSR企業ランキングでも使用。CSRと財務の総合評価を作成する際にも活用している。

ランキングの対象は2020年9月1日時点で上場している一般事業会社(銀行、証券・先物、保険、その他金融は除く)で2020年3月期までの財務データが1期以上取得可能な3568社だ。今回は、このうち上位300社をご紹介する。なお上位2000社は4月発売の『CSR企業白書』2021年版に掲載する予定だ。

10年ぶりに任天堂が首位に!

ではランキングを見ていこう。1位は昨年2位から上昇した任天堂(3847点)で10年ぶりの首位となった。

成長性1000点、収益性847点、安全性1000点、規模1000点と高得点がずらりと並び2位以下を圧倒。売上高は2017年3月期の4890億円から2020年3月期には1兆3085億円と2.7倍に上昇するなど高い成長性を誇る。自己資本比率79.7%、有利子負債ゼロといった安全性の高さは依然健在。売上高営業利益率26.9%、ROE16.8%など、収益性も高い評価となった。

新型コロナウイルスでの巣ごもり需要もあり、ゲーム機「ニンテンドースイッチ」は人気爆発。『あつまれ どうぶつの森(あつ森)』を筆頭にソフト販売が絶好調。2021年3月期の売り上げは1兆6000億円に達しそうだ。「ニンテンドーDS」「Wii」などで同じく絶好調だった2009年3月期の売上高1兆8386億円にはまだ及ばないが、利益では最高益を大きく更新する見込みだ。第3回から第5回まで3年連続トップだった同社が今後、何年連続で首位を続けるか注目だ。

昨年発売した『CSR企業白書』2020年版(東洋経済新報社)。書影をクリックすると東洋経済STOREのサイトにジャンプします

2位は昨年1位から一歩後退となった東京エレクトロン(3726点)。半導体製造装置で世界3位の同社は世界的な半導体需要拡大で、売上高は2017年3月期の7997億円から2019年3月期の1兆2782億円まで1.6倍に増加した。ただ、2020年3月期は11.8%減の1兆1272億円となった。営業利益(2372億円)、当期純利益(1852億円)も連続増益が一転減益となり成長性得点は947点から846点に悪化した。

ただ、直近のROEは22.6%と依然メーカーとしては圧倒的な数字。売上高営業利益率21.0%、当期純利益率16.4%とも高水準で収益性得点は854点から880点に上昇した。

もともと高い安全性1000点、規模1000点は今年も満点だったが、成長性(846点)は1位の任天堂に離され2位となった。しかし、2021年3月期は半導体需要の拡大で業績も上方修正が続く。次回も高順位が期待できそうだ。

次ページ3位以降のランキングは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT