日産ノートが並み居る競合車の頂点に立てた理由 日本カー・オブ・ザ・イヤー2021-2022選出の裏側

拡大
縮小
今年の激戦を制したのは日産自動車「ノート」シリーズだった(写真:日本カー・オブ・ザ・イヤー公式サイト)
この記事の画像を見る(7枚)

12月10日、今年の「年クルマ」を選出する「2021-2022 日本カー・オブ・ザ・イヤー(略称:COTY<Car Of the Year Japan>)」の最終選考会が行われた。

今年の自動車業界はコロナウイルスの影響に加えて半導体不足が直撃するなど、ニューモデルの導入にもさまざまな影響があった。ノミネート車両は過去最少と言っていい29車種、さらにモデルのよっては本来導入されるはずだったパワートレインやバリエーションなどが全て揃わなかったモデルも……。

今年のイヤーカーは日産「ノート」シリーズ

そんな中、今年のイヤーカーに選出されたのは日産自動車「ノート/ノートオーラ/ノートオーラNISMO/ノートAUTECHクロスオーバー(以下のノートシリーズ)」だ。ちなみに初代ノート以来の10年ぶりの受賞となる。日産としては10年ぶり5度目(3代目パルサーシリーズ、初代マーチ、5代目シルビア(S13)、初代リーフ)の受賞となる。

また、最も上位の点数を獲得した輸入車に与えられるインポート・カー・オブ・ザ・イヤーにはフォルクスワーゲン(VW)「ゴルフ/ゴルフヴァリアント(以下ゴルフシリーズ)」が選出された。

部門賞を見てみよう。秀でた内外装デザインを持つクルマに与えられるデザイン・カー・オブ・ザ・イヤーにBMW「4シリーズ」、革新的な環境・安全技術を備えたクルマに与えられるテクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤーに三菱自動車「アウトランダーPHEV」、感動的なドライブフィールが味わえるクルマに与えられるパフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤーに「シボレー・コルベット」、そして総合的な優れた軽自動車に与えられるK CARオブ・ザ・イヤーにホンダ「N-ONE」が選出された。

おさらいとなるが、COTYは日本のモータリゼーションの発展とコンシューマーへの最新モデルおよび最新技術の周知を目的に1980年に創設。以来、さまざまなモデルが選出されてきた。ちなみに今年のノミネート車両は下記のルールに適合したモデルだ。

・2020年11月1日から2021年10月30日までに日本国内で発表/発売されたモデル
・継続的に生産・販売が行われ、一般消費者が特別な手段を用いずに購入できること
・当年の12月下旬までに一般消費者が日本国内で購入できること
・上記の条件を満たした全ての乗用車

ちなみに三菱アウトランダーPHEVの正式発売日は12月16日と最終選考会の時点では未発売だが、上記のルールにしっかり適合しているためノミネート車両となる。

次ページCOTYの審査形式とは?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT