あえて「衝突映像」を公開するスバルの企業姿勢

JNCAP大賞獲得を支える「安全」へのこだわり

スバルが公開したオフセット衝突試験の様子(写真:SUBARU)
この記事の画像を見る(5枚)

スバルは、恒例のメディア向け情報公開の場「SUBARUテックツアー」を、5月24日にオンラインで開催した。内容は「レヴォーグ総合安全性能説明会」なのだが、開催案内がメールで来た時点では「なぜ、このタイミングなのか?」という疑問を持った。

まずは、説明会前半のプレゼンで、後席のシートベルト装着の重要性について説明する映像が流されたのだが、これが実に衝撃的だった。

レヴォーグの後席にシートベルトを装着したダミー人形と、装着していないダミー人形を並べて乗せ、64km/hでオフセット衝突を行った際の映像である。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

オフセット衝突とは、対向車や障害物に対して、クルマ前方の約半分がずれた状態(オフセット)でぶつかる衝突のこと。全面衝突よりも衝撃が大きく、映像ではフロントガラスより前の車両半分がグチャグチャに壊れた。

車両開発安全部の古川寿也部長は、実験後の車両の前で「(車両前部が)ご覧のような状態になっても、このように(前の)ドアはしっかり開くなど、(人が乗る)キャビン部分は(ほとんど)変形していない」と説明する。

さらに、後席のドアを開けると、シートベルトをしていたダミー人形が実験前のような状態で座っているのに対して、シートベルトをしていないダミー人形は、前席まで飛び出しており、頭を下にして逆立ちをしたような恰好になっていた。

なぜ、衝突映像を公開するのか?

続けて、衝突時の車内の様子を写した映像が流れると、衝突の瞬間、シートベルトをしていないダミーは前席のダッシュボードに頭から飛び込むように衝突し、身体がそり上がってお尻の部分が天井に強打したあと、助手席に頭から着地。ルーフ部分は、変形していた。

衝突により前方へ投げ出されたシートベルト未着用のダミー(写真:SUBARU)

映像を見る限り頭部への損傷は大きく、実際の乗員であれば命にかかわる状態になることが想像できた。

今回、このような衝突映像を公開した理由について、古川部長は「スバルは衝突安全に対する様々な開発を行ってきているが、シートベルト着用が乗員保護の基本だ」と、シートベルト着用の重要性を強調した。

次ページ後席のシートベルト着用率、わずか40.3%
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT