ミステリで「怪しい人物」が犯人ではない根拠

読者が読み慣れると当たってしまうことも

ミステリの中で犯人はどうやって設定されているのでしょうか(写真:Alexei Novikov /PIXTA)
読むと書くとは表裏一体。書き手の視点を知れば、ミステリは飛躍的に面白くなります。長年、新人賞の下読みを担当し、伊坂幸太郎氏、道尾秀介氏、米澤穂信氏らと伴走してきた新潮社の編集者、新井久幸氏が上梓した『書きたい人のためのミステリ入門』を一部抜粋・再構成し、ミステリにおける犯人設定の裏側を解説します。

もう随分と前の話になるが、単行本の部署に異動してすぐ、密室をテーマにしたアンソロジーを担当する機会があった。初めて担当するミステリだったから、それはもう張り切って内容紹介やオビのコピーを考えたのだが、その中で「意外な犯人」というフレーズを使ったら、上司に「なんだこのコピーは!」と怒られた。

曰く、「ミステリなんだから、犯人が意外なのは当たり前だ。そんな当たり前のことじゃなく、もっと別のことを書け」

なるほどなあ、と思った。そうなのだ。あからさまに怪しい人物が犯人だったら、ミステリは面白くも何ともない。一見そう思えない人、悪事から遠そうな人が犯人だから面白いのだ。

ミステリ上級者なら当たってしまうことも

だが、それで綺麗に騙されてくれるのは、ミステリを読み始めの初心者か、犯人を当ててやろうとは露ほども思わない有り難い読者くらい。多少なりとも読みつけてくれば、「こんなに怪しげに書いてあるってことは、おそらく犯人じゃないな」と裏を読んでくる。場合によっては、「一番犯人っぽくないから、こいつが犯人かな」と、妙な当たりを付けてくるかもしれない。そしてその予想は、結構当たってしまったりもする。

大事なのは、そこに到る手掛かりや推理の過程であって、当てずっぽうで名前だけ当てられたところで、こちらは痛くも痒くもないのだけれど、でもやはり、ちょっとは悔しい。いや、寂しい、が近いかもしれない。

「犯人を当てる」だけがミステリの楽しみではない、と思って作家は小説を書いているだろうし、編集者もそう思って本を作っている。とはいえ、ミステリを読むモチベーションとして、「誰が犯人なのか?」は、とても大きなものだ。

次ページはじまりは「犯人当て」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT