80年代の名車シティを生んだホンダの「非常識」

本田宗一郎「若気の至りが個性の芽を育てる」

中古車の流通台数はかなり少ないが、あれば100万円前後、カブリオレやターボIIは250万円前後の個体が確認できた。※編集部調べ(写真:OCEANS編集部)

1981年に登場したホンダ「シティ」。

“トールボーイ”という愛称で呼ばれ、当時のライバルであるトヨタ「スターレット(2代目)」や日産「マーチ(初代)」より300mm以上短い3380mmの全長ながら、全高は900mm以上も高い1470mmに設定されていた。

短いけど高さがある、当時では個性的なフォルムだったのだ。

若者からおじさんたちにまでウケた「シティ」の魅力

今では軽自動車のスズキ「ワゴンR」やダイハツ「ムーヴ」でおなじみの、短くて少し背の高いフォルム。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

実際スリーサイズは現行型の「ワゴンR」とほぼ同じだ。

1993年に登場した初代「ワゴンR」は軽自動車の新たなカテゴリーを開いた名車だが、その10年以上も前に、すでに「シティ」がそのスタイルを提唱していた。

しかも660ccではなく、1231ccを積んでいるのだから、走りは軽快。翌1982年にはターボを搭載した「シティターボ」も登場した。

軽自動車よりも少し大きくて、免許を取ったばかりの人々が買う“初めての車”というカテゴリーでは、異彩を放った「シティ」のフォルム。

フタを開けてみれば若者だけでなく、車好きのおじさんたちにも大いにウケた。

特徴的なシートのヘッドレスト(写真:OCEANS編集部)

ウケた理由はもちろん外観だけでない。例えばシートのヘッドレストと背もたれ部分は2本の柱でつながり、間が大きく開いている。

また背の高さを活かして、座面がほかのコンパクトカーより高いため、上から見下ろすような視界で運転できる。エアコンの冷風を使ったクーラーボックスまで備えていた。

総じて“新しい車”感がするのだ。

次ページ「シティ」と一緒に開発された原チャリ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT