スズキ「次期ハスラー」は武骨さが売りとなるか

個性を追求して、ライバルとの差別化を図る

11月4日まで開催された東京モーターショーに出展された次期ハスラーのコンセプトモデル(撮影:尾形文繁)

10月24日から11月4日まで開かれた東京モーターショー。電機やIT業界など異業種も巻き込んだ総力戦を展開し、来場者は130万人と前回2017年の77万人から7割も増えた。そんなモータショーでプレス向け発表のトップバッターを飾ったのがスズキ。中でも目を引いたのが次期「ハスラー」のコンセプトモデルだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

今回、スズキがお披露目した「ハスラー コンセプト」はコンセプトを名乗りながらも、発売間近とも思える完成度合いだ。ハスラーといえば、2013年の東京モーターショーで初代が発表され、軽×ワゴン×SUVという今までにないジャンルを切り開いたクルマだ。発売当初は国内で月販1万台を達成するなど、人気車種の仲間入りを果たした。

初代ハスラーの特徴は「遊べる軽」をキャッチフレーズにビビッドな色合いと丸みを帯びたデザイン、軽自動車に似合わない走破性と車内の広さ。マイナーチェンジや限定車種投入を積極的に行い、遊び心を存分に刺激してきた。

武骨さを取り入れたデザイン

そんなハスラーの次期モデルとして披露された今回のコンセプトモデルだが、初代からいったい何が変わったのか。これまではエクステリアを中心に「かわいさ」を前面に出してきたハスラーだが、今回のコンセプトモデルはフェイスには丸みがあるものの、全体として角張った「武骨さ」を取り入れるなど雰囲気を刷新。ビビッドな色味は残ったが、全体としてはアウトドア向け路線が前面に出ているのが特徴だ。

2014年1月に発売された初代ハスラー(写真:スズキ)

スズキの鈴木俊宏社長は「(ハスラーコンセプトは)少し角ばらせてみてはどうかな、というのはあった。だが、デザイン的にはハスラーのアイコニックなところを引き継いでいて、『いいね』との評価をいただいている」と両立に自信をのぞかせる。

こうしたアウトドア向けのデザインは、スズキの人気車種「ジムニー」に通ずるものがある。この点について、ハスラーコンセプトの開発を担当した竹中秀昭チーフエンジニアは、「ジムニーを買う人は基本的に本物志向。あくまで軽自動車であるハスラーとはターゲットが違う」と強調する。

次ページ「かわいさ」も追求する次期ハスラー
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。