スズキ「次期ハスラー」は武骨さが売りとなるか

個性を追求して、ライバルとの差別化を図る

11月4日まで開催された東京モーターショーに出展された次期ハスラーのコンセプトモデル(撮影:尾形文繁)

10月24日から11月4日まで開かれた東京モーターショー。電機やIT業界など異業種も巻き込んだ総力戦を展開し、来場者は130万人と前回2017年の77万人から7割も増えた。そんなモータショーでプレス向け発表のトップバッターを飾ったのがスズキ。中でも目を引いたのが次期「ハスラー」のコンセプトモデルだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

今回、スズキがお披露目した「ハスラー コンセプト」はコンセプトを名乗りながらも、発売間近とも思える完成度合いだ。ハスラーといえば、2013年の東京モーターショーで初代が発表され、軽×ワゴン×SUVという今までにないジャンルを切り開いたクルマだ。発売当初は国内で月販1万台を達成するなど、人気車種の仲間入りを果たした。

初代ハスラーの特徴は「遊べる軽」をキャッチフレーズにビビッドな色合いと丸みを帯びたデザイン、軽自動車に似合わない走破性と車内の広さ。マイナーチェンジや限定車種投入を積極的に行い、遊び心を存分に刺激してきた。

武骨さを取り入れたデザイン

そんなハスラーの次期モデルとして披露された今回のコンセプトモデルだが、初代からいったい何が変わったのか。これまではエクステリアを中心に「かわいさ」を前面に出してきたハスラーだが、今回のコンセプトモデルはフェイスには丸みがあるものの、全体として角張った「武骨さ」を取り入れるなど雰囲気を刷新。ビビッドな色味は残ったが、全体としてはアウトドア向け路線が前面に出ているのが特徴だ。

2014年1月に発売された初代ハスラー(写真:スズキ)

スズキの鈴木俊宏社長は「(ハスラーコンセプトは)少し角ばらせてみてはどうかな、というのはあった。だが、デザイン的にはハスラーのアイコニックなところを引き継いでいて、『いいね』との評価をいただいている」と両立に自信をのぞかせる。

こうしたアウトドア向けのデザインは、スズキの人気車種「ジムニー」に通ずるものがある。この点について、ハスラーコンセプトの開発を担当した竹中秀昭チーフエンジニアは、「ジムニーを買う人は基本的に本物志向。あくまで軽自動車であるハスラーとはターゲットが違う」と強調する。

次ページ「かわいさ」も追求する次期ハスラー
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。