三井造船とキッコーマンを分析する

アベノミクスによる円安で、恩恵はあったのか

損益計算書に戻りましょう。売上原価は15.8%増の2049億円。円安によって、輸入した原材料の価格が上がっている部分もあるでしょうが、キッコーマンは海外で製造して海外で販売する割合が高いですから、原価率はそれほど変わっていません。売上原価率を計算しますと、平成25年3月期は59.0%、前期は59.7%ですから、ほぼ横ばいなのです。したがって、売上総利益も順調に伸びて12.2%増の1382億円となりました。営業利益も20.4%増の238億円と大幅に増えています。

キッコーマンが好業績となった理由は、アベノミクスや国内の景気回復とはあまり関係がなく、円安の好影響と、海外での和食ブームというふたつの点が大きいと言えます。

今期の業績予想は、引き続き海外市場を拡大させていくことで、売上高は前期より5.2%増の3610億円、営業利益は3.6%増の247億円を見込んでいます。日本での消費税増税の影響が心配されますが、キッコーマンは海外比率が高いですから、全体の業績にはそれほど影響はないと考えられます。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • コロナウイルスの恐怖
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。