日の丸食品メーカー、米国攻略の勝算

“先駆者"キッコーマンに学べ!

味の素、東洋水産、亀田製菓、明治――。日本の食品メーカーが、米国市場の本格開拓を進めている。

調味料大手の味の素は、北米での冷凍食品や調味料の事業を再編し、本格展開に乗り出す。「maruchan(マルちゃん)」ブランドが有名で、北米の即席麺市場で6割のシェアを誇る東洋水産は、約290億円を投じてテキサスに即席麺の工場を建設中。2014年から順次稼働を始める予定だ。

なぜ今、食品メーカーは北米市場に熱い視線を注いでいるのか。それは、日本の食品が北米の食習慣にうまく溶け込むことで、思わぬヒット商品を生み出すポテンシャルを持っていることが実証されつつあるからである。

既に北米で確固たる地位を築き上げている日の丸メーカーもある。その一例が、しょうゆ最大手のキッコーマンだ。

米国・ロサンゼルス近郊のスーパーマーケット、ウォルマート・ローズミード店。EDLP(エブリ・デー・ロー・プライス)を売りにした現地の中間層~低所得層向けのスーパーマーケットだ。そのアジア系食品コーナーで、キッコーマンのしょうゆはしっかりと売り場を確保している。

次ページしょうゆが売れたワケとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。