日の丸食品メーカー、米国攻略の勝算

“先駆者"キッコーマンに学べ!

味の素、東洋水産、亀田製菓、明治――。日本の食品メーカーが、米国市場の本格開拓を進めている。

調味料大手の味の素は、北米での冷凍食品や調味料の事業を再編し、本格展開に乗り出す。「maruchan(マルちゃん)」ブランドが有名で、北米の即席麺市場で6割のシェアを誇る東洋水産は、約290億円を投じてテキサスに即席麺の工場を建設中。2014年から順次稼働を始める予定だ。

なぜ今、食品メーカーは北米市場に熱い視線を注いでいるのか。それは、日本の食品が北米の食習慣にうまく溶け込むことで、思わぬヒット商品を生み出すポテンシャルを持っていることが実証されつつあるからである。

既に北米で確固たる地位を築き上げている日の丸メーカーもある。その一例が、しょうゆ最大手のキッコーマンだ。

米国・ロサンゼルス近郊のスーパーマーケット、ウォルマート・ローズミード店。EDLP(エブリ・デー・ロー・プライス)を売りにした現地の中間層~低所得層向けのスーパーマーケットだ。そのアジア系食品コーナーで、キッコーマンのしょうゆはしっかりと売り場を確保している。

次ページしょうゆが売れたワケとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。