日の丸食品メーカー、米国攻略の勝算

“先駆者"キッコーマンに学べ!

ウォルマートの店内を見回すと、日本の食品メーカーが手がけている商品はキッコーマンのしょうゆだけでないことに気付く。チーズなどのチルド製品売り場に並んでいるのは、コメを原料にしたクラッカー「クランチマスター」。これは、「亀田の柿の種」などで有名な日本の米菓最大手・亀田製菓が三菱商事とともに、現地企業に共同出資するTH FOODSが製造する商品だ。

亀田製菓グループの「クランチマスター」

「クランチマスター」は、発売以降じわじわと販売網を拡大している。この商品のウリは“グルテンフリー”。小麦を使用していないため、小麦に含まれる成分(グルテン)に対するアレルギーが出にくい。TH FOODSの売り上げは前年比2割のペースで伸長を続けている。

グルテンフリー市場が急成長

亀田製菓はTH FOODSを通じた米国事業の他に、子会社のKAMEDA USAを通じても米国ビジネスの拡大を図っている。KAMEDA USAは「亀田の柿の種」(現地名:Kameda Crisps、写真)を輸出し、現地で包装して販売している。2013年7月には、小麦の混入が起こらない環境で味付けした、グルテンフリーの「柿の種」を投入した。

米国ではグルテンフリーの市場が急速に拡大中だ。米国の調査会社、パッケージド・ファクト社によれば、2012年の市場規模は42億ドル。2017年には66億ドル規模に成長すると予想している。亀田製菓はグルテンフリーを含めた自然食品の分野を拡大するため、12年に現地の自然食品会社を26億円で買収するなど、勢いを見せている。これも米国の食品市場のトレンドに合わせた“現地化”作戦の一つといえるだろう。

次ページあの有名菓子も現地化
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT