高収入で就活生に人気!コンサル業界の実態

スキルを伸ばせるが、想像以上に泥臭い業務も

 コンサルティング業界の代表企業には、世界的な戦略コンサルとして有名なマッキンゼー・アンド・カンパニーやボストンコンサルティンググループ(BCG)のほか、国内ではシンクタンク系の野村総合研究所、成長支援型のコンサルに強みを持つ船井総研ホールディングスなどがあります。

「会社四季報 業界地図」でイチオシの企業は、次の2社です。

M&Aキャピタルパートナーズ

平均年収は3000万円以上と国内上場企業の平均年収ランキング上位の常連。従業員172人。事業承継案件などの中小企業向けが中心で、近年M&Aの案件が増加している調剤薬局分野に強みを持っています。2016年にM&A助言会社のレコフを子会社化し、事業承継等の情報力を強化。新卒採用は行っておらず、金融業界での経験などが必要。

プロレド・パートナーズ

2008年設立、2018年に株式上場した、新興のコンサル。従業員104人。購買費用の適正化、バックオフィスの効率改善など、地道な業務改善を請け負う「ローコスト戦略」で成長。ここ数年、売り上げを急激に伸ばしている。新型コロナで企業のコスト削減ニーズが高まればさらに伸びる可能性がある。一般のコンサルは人件費に利益を上乗せする固定報酬型だが、同社は成果をクライアントが確認した時点で一定の報酬を受領する成果報酬型である点が特徴です。

コンサルティング業界に関してポイントをまとめると、次のようになります。

■コンサルティング業界とは「クライアント(顧客)に儲けさせるために、課題を明らかにして解決策を提案・実行支援する業界」を指す。
■コンサルの分類としては大きく「ビジネスコンサル」と「ITコンサル」がある。
■業界動向として2021年度は「晴れ(市場は堅調に拡大傾向)」。
■業界の平均年収は全業界トップの1359万円。
■業界で働くメリットは「早く成長できて、給料面のステータスが高く、転職にも有利」。
■業界で働くデメリットは「意外に地道で、ハードワーク」。

これから就活、転職活動をする方はこれらの業界解説情報を基に、志望動機、入社後のキャリアプランも作成してみてください。

さらに詳しい情報が知りたいという方は『会社四季報 業界地図』に、企業ごとの売り上げ、利益、競合関係といった情報も解説付きで詳しく載っているので、業界の全容を把握するには役立つと思います。

次ページこれがコンサル業界の最新「業界地図」だ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT