東大発ベンチャーが仕掛ける新しい「音楽教室」

オンラインで本格講座、巣ごもり需要が追い風

ピアノレッスンの収録風景。収録の際には音にもこだわっている(写真:フォニム)

新型コロナ拡大に伴う「巣ごもり」の中で、再び楽器を手に取る人たちが増えている。

楽器総合メーカーのヤマハは11月4日、2021年3月期の中間決算発表で「ステイホームで電子楽器の需要は堅調。ピアノも回復基調にある。ギターは全世界で需要が堅調で、日本国内では2ケタ伸びている」と、楽器需要が旺盛であることを示した。

この動きは世界的なようだ。アメリカ・ニューヨークタイムズは9月8日、「ギターが帰ってきた!」という記事を掲載。その中で、アメリカの老舗メーカー・フェンダーのアンディー・ムーニーCEOは、「今年はフェンダーの歴史の中で最大の売り上げになる」とコメント。記事では、アメリカで女性や10代の若者にもギター愛好家が増えていると伝えている。

オンラインで大人向けに特化

こうした中で注目を集めるベンチャー企業がある。オンラインレッスンサービスを提供するフォニム(東京都千代田区)だ。プロフェッショナルな講師のレッスンをオンラインで受講することができる、「オンライン版の音楽教室」を展開する。

現在受講できるプログラムは、ピアノ、サックス、ヴァイオリン、クラシックギター。受講の流れは次のようになる。配信される講師による解説動画を、教材を参照しながら受講。その後、ホームワークに取り組み、自らの演奏を録音しアップロード。達成できたと思ったら次のレッスンに進む。録音したものを講師に送り、アドバイスを受けることもできる。1回のレッスンは10~20分、週2~3回送られてくる仕組みだ。

最大のウリは豪華な講師陣。若手ギタリストとして注目を集める徳永真一郎氏、即興ピアニストの榎政則氏など、海外経験も豊富な若手ミュージシャンがそろう。こうした本格的なレッスンを月額1980円から受講できる。楽器メーカーと提携し、月5000円程度から電子楽器の貸し出しも行っており、電子楽器は1年半利用すると自分のものになる。

日本音楽著作権協会(JASRAC)と提携しているため、はやりの曲や現代曲をレッスンの素材にできるのも特徴だ。フォニムは、一流の講師陣から弾きたい曲を教わることができる、大人向けに特化した音楽教室といえる。

なぜこのようなモデルが可能になったのか。フォニムを創業した宍戸光達氏は、その理由として「レッスンを事前収録し、非同期であること」を挙げる。

次ページ「非同期」の効用
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT