20代男子の間で「脱毛」がひそかに流行るワケ

今では「身だしなみの1つ」と考えられる時代に

創業当時は男性向けクリニックという概念自体がめずらしく、一部のユーザーが「コンプレックスを解消したい」と通っていたが、現在では「美を追求したい」というニーズも増えた。

「以前では考えられなかったが、今はファンデーションを塗って来院される方も増えた。また脱毛をきっかけとして肌治療や医療痩身など、ほかの施術に関心を持つ人も多い」(稲見総院長)。

オンラインミーティングで意識も変化

こういった美意識の発展は価値観の多様化に加え、若者はSNSの普及、またビジネスマンもコロナ禍でオンラインミーティングへの参加機会が増え、人に見られることを意識する機会やモニターで自身の顔を見ることが増えたことなどが背景要因だと稲見総院長は推測する。

「コロナの自粛期間が明け、来院数はV字回復している。マスクをつけられることで、脱毛のようなダウンタイム(回復期間)のない施術のみならず、さまざまな施術が注目されている」(稲見総院長)。ポスト・コロナ時代にはさらに男性の美意識が発展していきそうだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT