43歳で肌をキレイに保つ人が決してやらない事

毎日顔を"ゴシゴシ"洗っていませんか?

皆さんはどのように洗顔していますか?(写真:xiangtao / PIXTA)

ずっと、写真を撮られるのが苦手でした。それは周りの友達と比べて、自分の肌に自信がなかったから。私の若いころの写真は、本当に2、3枚しかないんです。極度の乾燥肌でツヤがなく、毛穴はパカーンと開いていたし、頬には太田母斑(青アザ)。肌がコンプレックスで、カバーしたい一心でファンデーションも厚塗りでした。カメラを向けられたらいつも、そっとフレームアウトするのが習慣でした。

いま私のもとには、たくさんの方から肌についてのお悩みが毎日寄せられています。私が主宰するトータルビューティサロンのお客様だけでなく、雑誌の読者、SNSのフォロワーの方々……。「毛穴が目立って恥ずかしい」「吹き出ものが治らない」「乾燥でカピカピする」「シワやたるみにどう対処していいかわからない」。

肌コンプレックス解消のきっかけは?

そのお悩み、痛いほどわかります。私もまったく同じ悩みを抱き続けてきたから。20代のころ、肌をほめられたことは一度もありませんでした。だけど43歳となったいまの肌は、人生で一番キレイです。拙著『一週間であなたの肌は変わります 大人の美肌学習帳』にも詳しく書きましたが、今回はここに至るまでの長い試行錯誤の日々から編み出した、“私なりの”スキンケアメソッドについて、お話ししようと思います。

石井美保さんが考案した”スキンケアメソッド”とは? 写真は石井さんご本人

肌コンプレックス解消のきっかけは、20代の終わりに美容好きが高じてまつげエクステのサロンをオープンしたことでした。それまで私は、ファンデーションを厚塗りしていたぶん、落とすときは洗浄力の高いオイルクレンジングでゴシゴシと洗い、熱いシャワーでザーッと流していました。

でも、まつげエクステをつけていると、そんなハードな落とし方はできません。そこでオイルクレンジングをやめ、エクステが取れないようにそーっと洗うようにしたところ、急激に肌が乾きにくくなり、みるみるうちにくすみが改善、ツヤまで出てきたのです。

次ページ3つの洗いぐせを改めると‥‥
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT