サッカー日本代表が「つまらない」と評される訳

攻撃の「看板スター」不在だけではない事情

メキシコに力の差を突きつけられたように、日本がW杯8強入りするためには、まだまだやらなければならないことはある。

「ロストフの悲劇」の生き証人である原口元気(ドイツ2部・ハノーファー)も「今日がW杯じゃなくてよかった。ここからの2年間をムダにせず、同じ思いをしないようにしたい」と語気を強めた。

そのためには、代表としてチーム完成度を高め、戦い方の幅をさらに広げるのはもちろんのこと、選手個々が突き抜けていく必要がある。

今の日本代表は“夜明け前”か

ザックジャパン時代は香川がマンチェスター・ユナイテッド、本田がACミランと世界的ビッグクラブに所属する選手が何人かいたが、彼らはチームで絶対的中心にはなれなかった。その壁を越える人材に出てきてもらわなければ困る。

イングランドの名門・リバプールでプレーする南野拓実などはその筆頭。久保もビジャレアルでレギュラーを獲得し、来年にはレンタル元のレアル・マドリードに呼び戻される状況を作るべきだ。鎌田も「1人1人がもっといいリーグ、もっといいチームでプレーすることがすごい大事」と自戒を込めて口にしていた。

「日本人選手が50人、100人と欧州でプレーするようになったら日本代表は強くなる」と2002年日韓ワールドカップの指揮官・フィリップ・トルシエ監督は口癖のように語っていたが、あれから20年近い年月が経過し、それは確かに現実になりつつある。

Jリーグにも海外移籍予備軍と言われる若手が数多くいるのだ。だからこそ、頭抜けた存在が続々と出てくることが肝心だ。

「つまらなくなった」と映る今の日本代表は“夜明け前”なのかもしれない。近い将来、本田・香川時代を上回る魅力を感じさせてくれる可能性は大いにある。人気爆発状態になることを期待しつつ、辛抱強く彼らの戦いを見続けるべき。そう強くお勧めしたい。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT