自殺した28歳ボクサーの父が精神病院と闘う訳

早期退院→病状深刻なのに再入院認めなかった

フライ級プロボクシング選手で、リングで戦う武藤通隆さん(右)。西日本新人王決勝にも進んだ(写真:遺族提供)

翌朝、父親は通隆さんを車に乗せて民間の精神科病院に向かった。主治医は統合失調症の可能性があると告げ、患者の同意がなくても強制入院させられる医療保護入院となった。

一方、入院当初は3カ月の予定だった入院期間は、2週間余りに短縮され2月25日に退院することになった。通隆さんのカルテを見ると、入院中の通隆さんは記憶がなくなるという症状が続いていたが、暴れた様子はない。裁判の中で主治医は、「とても話しやすく質問もしっかりしてくれる方だったので、対応するのは問題なかったです」と証言している。

通隆さんに異変が起こったのは、退院前日のことだった。病院のカルテには、「まったく行動自制できず衝動性が強い」と記されている。通隆さんは保護室に隔離され、抗精神病薬を注射された。抗精神病薬に加え、抗不安薬や睡眠薬も投与され、薬の量は入院してから最大量になった。さらに、医師の指示ではじめて手足と胴体を拘束された。身体拘束をしなければいけないほど、かつてない興奮状態に陥っていたのだ。

放り出されるような退院

その日面会に訪れていた父親は、通隆さんに会えないまま帰ることになった。翌日の退院は無理だと思ったという。

ところが翌日、通隆さんは予定どおり退院することになった。退院前日は当直医が対応したため、通隆さんが暴れた様子を主治医は直接見ていない。翌日、診察した主治医は、身体拘束を受けた状況について「普通ではないなとは思いました」と裁判で証言。慎重な判断が必要な状況だったことは認めているも、退院を判断した理由について、「何をしたかも覚えていた。僕が外来を終わって見たときも大丈夫だったので、大丈夫だと判断した」と証言した。

父親は退院時をこう振り返る。「こんな状況で退院できるのかと不安を訴えても、主治医は立ち話程度の短時間しか会話に応じてくれませんでした。『薬を飲んでいれば問題ない』と言われるだけでした」。

両親は通隆さんが高校生のときに離婚。退院後に看病できるのは、一緒に暮らしていた父親しかいない。通隆さんの入院当初の入院診療計画書には、退院前に行う支援として「退院前訪問看護を実施する」「地域生活支援サービスの利用調整を行う」などの項目にチェックが入っている。しかし、退院前にこうした支援が行われることはなかった。

父親からしたら、まるで病院から放り出されるような退院だった。

次ページ治療放棄?説明不足?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 病やがんと向き合う心のつくり方
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT