自殺した28歳ボクサーの父が精神病院と闘う訳

早期退院→病状深刻なのに再入院認めなかった

病院に取材を申し込んだが、係争中という理由で回答は得られなかった。裁判の中で病院は、退院日には精神状態が改善していたことから退院の判断は間違っていないと主張。自殺は退院後1カ月経過し、ほかのクリニックを受診していたことから、医師と病院側の責任を否定している。

主治医は、裁判に提出された陳述書で「再入院はできないとは伝えていません」と主張している。しかし、8月24日に開かれた裁判で証言台に立った主治医は、「3カ月は再入院できないというルールは、どこでどのように決まっているのか」という裁判長の質問に対し、「たぶん病院だと思います」と答えた。

父親の代理人である大前治弁護士はこう話す。

「退院当日に主治医が診察したのは、薬によって一時的に抑制されていた状態だ。退院前日に爆発的な精神状態になったのにもかかわらず、主治医は十分な再検討をしなかった。しかも、在宅治療に必要な退院時の支援もいっさい行っていない。退院の判断を誤ったことから始まり、再入院を拒否し、さらに退院前日の状態を紹介状に書かずにほかのクリニックへ転院させた。病院の対応と通隆さんの自殺は、一連の因果関係がある」

薬でしか治療しない

裁判で提出されたカルテでは、通隆さんの具体的な症状や内面についての記載はない。カルテから明らかになったのは、薬が増量される過程だ。退院の前日、通隆さんが飲んでいた薬は最大量になっていた。それは当時、父親にも知らされていない事実だった。

「診察中も主治医は通隆から話を聞こうともしませんでした。薬を与えることだけが、精神科の治療といえるのでしょうか」

父親は、医師が病院の都合を優先し、薬しか選択肢がない精神医療に疑問を投げかける。次回は通隆さんが服用していた向精神薬の問題について、検証していく。

(第7回に続く)

本連載「精神医療を問う」では、精神医療に関する情報提供をお待ちしております。お心当たりのある方は、こちらのフォームよりご記入をお願いいたします。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT