若者が「退職代行サービス」を支持する真の理由

どうしても「NO」と言うのが嫌な若者たちの本音

2019年12月に発売され、人気になった「内定辞退セット」(日本法令)という商品があります。長期化する新型コロナの影響で、この先の就職戦線はどうなるかわかりませんが、少し前までは人手不足による売り手市場でした。多くの場合、学生に選択権があるような状況だったのです。そのため、本命以外の複数社から内定が出ても、学生は辞退します。

ところが、自ら内定辞退の連絡ができない学生が多く、企業との間でトラブルが起きていた。そんなニュースを知った文具メーカーが開発したのが「内定辞退セット」です。

セットの中身は「解説付き表紙」や「キレイに書ける記載例入下敷」、そして便せんや封筒までパッケージされています。内定辞退の模範文例がプリントされた「記載例入下敷き」の上に便箋を載せ、上からなぞって書くだけで、型通りの内定辞退の手紙が出来あがる。

いわばマニュアルに従って、簡単に「NO」を伝えることができるのです。人事部に電話をかけて、担当者に直接辞退を申し出る必要がない。彼らにとってもっとも苦痛を感じる行為を避けられる。500円とコスパ(コストパフォーマンス)もいいので、いまの若い世代に支持されるのもわかります。

「内定辞退が怖い」学生たちの本音

私からすれば信憑性の低い情報なのですが、インターネット上には内定辞退をする就活生に対して「しつこく引き留められた」とか「担当者が家まで説得に来た」なんて体験談がもっともらしく書き込まれています。こんな都市伝説レベルの与太話でも、信じている学生は多いのです。NOを伝えるだけでもストレスのある彼らにとっては、自分の抱えた不安をさらに増す材料になってしまいます。

実際、学生から「内定を辞退したいけど、担当者がどんな反応をするか怖い」と相談を受けることがあります。私は「先生も企業に勤めていたときに採用に関わった経験があるけど、辞退しても気にしないよ。むしろ早めに素直に断られるほうがありがたいんだから」と伝えます。半信半疑で帰っていく学生が多いのですが、結果的に「渡部先生の言う通りでした」で済むケースがほとんどです。

そんな話を就活の前に私がいくら教えても、学生の不安は払拭されません。近年は、同じやりとりの繰り返しです。

内定辞退セットと同様に「退職代行サービス」も話題になりました。会社を辞めたい社員が依頼すれば、退職に関する交渉・事務手続きを代行してくれるサービスです。

このサービスの利用者は、とくに若手社員が多いと聞いて、私には納得です。代行業者に頼めば、利用者は勤務先に退職の意思を直接伝える必要はありません。

次ページ「退職代行サービス」がウケた理由
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT