「鬼滅の刃」ヒットが私たちの不安を象徴する訳

鬼にならずに生き残るためにどうしたらいいか

空前のヒットを記録する勢いで興行収入を積み上げている『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(東洋経済オンライン編集部撮影)
日本の社会が先行きの見えない不安に覆われている。驚くような事件や事象が次々と巻き起こる一方で、確かなものはますますわからなくなりつつある。わたしたちは間違いなく心休まらない「不安の時代」に生きている。しかもそれは、いつ爆発するかもしれない「不機嫌」を抱えている。そんな混迷の時代の深層に迫る連載第1回。

自分も家族もいつ何時「鬼」と化すかも

「鬼滅の刃」の大ヒットは、不安の時代を象徴するカルチャーの1つといえるかもしれない。わたしたちにとって、この行き過ぎた経済のグローバル化によって、ヒトをヒトとも思わない悪鬼が暗躍する殺伐とした社会は、文字どおり「人を食い物にする」ロジックであふれかえっており、一体誰が誰を捕食しているかしれたものではない異様な世界になっている。

新連載スタートです

これは単純に「万人の万人に対する闘争」(トマス・ホッブズ)というよりも、自分も家族もいつ何時(人間の心を失って)「鬼」と化すかわからないという恐怖だ。しかも、ヒトに紛れ込んで暮らす、〝鬼の始祖〟である鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が典型的だが、普通の人々には見分けがつかない〝ヒトもどき〟が潜んでいるかもしれないという懸念もある。

つまり、鬼はどこにでも現れうる「人間性を動揺させる脅威」として捉えられているのである。そこではこれまで自明とされてきた世界観はまったく通用しない。自らもそのダイナミズムに進んで適応しなくてはならないのだ。

これは、現代のわたしたちとって他人事ではない身近な問題に映る。社会学者のウルリヒ・ベックが提唱した「世界の変態」(Metamorphosis of the World)という考え方でそれがより鮮明になるだろう。

ベックは「世界の変態」について、「暗黙のうちに、つねに一定で不変だと思われている視野の基準と行為の座標軸が変容している」「昨日はまったく考えられなかったことが今日は可能なことになり現実となっている」ことであると述べ、従来あったいずれの世界観も確かなものではなくなり、支配的なものではなくなったことを強調する。

次ページ鬼が表す「世界の変態」
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT