「コロナは茶番」侮る人の大量発生を防げない訳

コロナを否認する3タイプは危機を増大させる

コロナ否認の深層心理を探る(写真:nito100/iStock)
日本の社会が先行きの見えない不安に覆われている。驚くような事件や事象が次々と巻き起こる一方で、確かなものはますますわからなくなりつつある。わたしたちは間違いなく心休まらない「不安の時代」に生きている。しかもそれは、いつ爆発するかもしれない「不機嫌」を抱えている。そんな混迷の時代の深層に迫る連載第3回。

コロナ否認主義の影響力が大きくなっている

コロナ禍になってから新型ウイルスの存在を頭ごなしに否定する言説をさまざまなところで目にするようになった。この現象は世界的なもので、ソーシャルメディアの影響力もさることながら、反自粛デモなどの先鋭化につながっている。さきごろ日本でも「コロナはただの風邪」と主張し、日本医師会館に居座った政治団体の党首が、建造物侵入容疑で逮捕されたばかりだ。

画像をクリックすると公開中の連載記事一覧にジャンプします

欧米では、このような考え方をすでにコロナ否認主義(COVID-19 denialism)と呼び、似非科学や陰謀論などを盲信して公衆衛生上の危機を助長するとみて警戒を強めている。ツイッターやフェイスブックが、コロナワクチンの安全性などに関する誤った情報を削除する方針を示したのは、その影響力が無視できないほど大きなものになっているからにほかならない。

筆者は、コロナ否認を以下の3つに類型化している。

・マッチョ型コロナ否認
 コロナはただの風邪。免疫力を上げれば問題ない。高齢者や身体が弱い者が死ぬのは寿命であり、自然の摂理。
・不安逃避型コロナ否認
 コロナはフェイク。新型ウイルスは現実には存在しない。仕組まれた騒動の裏で国際的な悪事が行なれている。
・スピリチュアル型コロナ否認
 コロナの出現は神や宇宙の意志によるもの。心の持ちようでウイルスは無害化できる。霊的進化の可能性も示唆。

順番にその特徴と背景を解説していくが、これらは明確に区分けできる場合もあれば、複数の型が絡み合っている場合もある。いずれにせよ一足飛びに否認主義へと傾いてしまいがちになるのは、無症状または軽症者の多さや、身近に感染者がいないという直接情報の不足に加えて、社会・経済活動の抑制が限界に達し、「普段通りの生活」への欲求が高まっていることや、(現代人にとって)過去に例のない感染症のパンデミック(世界的な大流行)であり、心理的に安心できる物語を切実に求めていることなどが主な動機として考えられる。

マッチョ型コロナ否認は、「コロナはただの風邪」というフレーズの通り、国家やマスコミが不必要に恐怖をあおっているだけで、従来の風邪と同じく自粛もマスクもしなくて良いとする潮流だ。免疫力を上げれば問題ないと捉えるので、医療へのアクセスは軽視されがちで、反対に民間療法には好意的である。高齢者や基礎疾患を持つ者が死ぬのは、極言すればその人の寿命であり、自然の摂理とみなす。

次ページそもそも否認とは防衛機制の一種
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT