北陸新幹線「2023年春開業」は無謀な計画だった

福井駅周辺は延伸開業目指して再開発が進む

福井駅前には、今後の難局に向き合うヒントにも見えるキャッチコピーが掲出されていた。「新幹線さえ来ればなんとかなる。という発想、まず捨てます」。市が今年7月から本格化させたプロモーション企画「福いいネ!」のうたい文句だ。

福井駅西口の屋根付き広場に映し出された「福いいネ!」のキャッチフレーズ=2020年10月(筆者撮影)

企画のロゴは、越前ガニを象徴するという真っ赤な背景色に、親指に「福」と記したサムズアップのイラストが記されている。まさに、「新幹線さえ来れば」という意識や開業特需を当て込んだ、過去の多くの開業事例とは対照的な問題意識だ。「福井は弱い。押しが弱い。キャラが弱い」という自虐を織り交ぜながらも、新たな市民意識づくりへの決意も感じさせる。

「開業対策」は入り口

「首都圏などでの福井市の認知度はまだまだ低い。魅力、つまり『福』を、声を上げて発信してこなかった謙虚な市民の気質もある。認知度向上とイメージアップのため、集中的に、インパクトのあるプロモーションを行う必要があった」。市新幹線プロモーション課の梅木照美課長は狙いを語る。

「三角地帯」のビル群。突き当たりは福井駅西口=2020年10月(筆者撮影)

新幹線対策を中長期的にみると、「開業対策」は、いわば入り口にすぎない。これまでの事例をみると、一過性の観光客を当て込むだけでなく、まちづくりや地域づくりと連動した「真の新幹線対策」は、開業から2~3年後にその真価を発揮し始める。

そのような視点からみると、「新幹線さえ来ればなんとかなる。という発想、まず捨てます」という言葉は、延伸延期という苦境に、別の意味合いを帯びてくるようにみえる。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT