ジャニーズ最後の砦「V6」安定感が半端ない理由

六人六色の多様性と壁を作らない「やさしさ」

9月4日朝日新聞朝刊に掲載されたV6ニューシングルの全面広告。「勤続25年の男たち」を自称する彼らはまさにジャニーズ最後の砦と言える(編集部撮影)
コロナ禍のいま、時代は大きな転換期を迎えている。そしてそれは、ジャニーズとて決して例外ではない。確かにジャニーズは基本的に芸能界の中の存在にすぎない。だがもう一方で、時代の流れとシンクロし、それゆえつねに世間の注目を集めてきた。その点、ジャニーズは芸能界という枠を超えた存在でもある。
では、いまジャニーズになにが起こっているのか? この連載では、さまざまな角度からジャニーズに光を当て、その現在地を浮かび上がらせてみたい。
第1回は、V6から。

際立つV6の「安定感」

今年デビュー25周年を迎え、V6が精力的だ。9月にはメンバーの井ノ原快彦主演ドラマの主題歌を含む『It's my life/PINEAPPLE』をリリースし、オリコンなどの週間チャート1位を獲得。

この連載の記事一覧はこちら

そしてデビュー曲『MUSIC FOR THE PEOPLE』の発売日にあたる11月1日には、「V6 For the 25th anniversary」と題したコンサートのライブ配信をデビューイベントの会場でもある思い出の地・国立代々木競技場第一体育館から行った。またテレビでは、年に一度の恒例になっているバラエティー特番「V6の愛なんだ2020」が11月3日に放送された。

そんなV6には、ジャニーズの中でも際立った「変わらなさ」の魅力がある。自ら「勤続25年の男たち」と称するように、坂本昌行、長野博、井ノ原快彦、森田剛、三宅健、岡田准一という6人のメンバーは、結成時からまったく変わっていない。そんなV6からは、今や絶対的と言っていいほどの安心感が醸し出されている。

しかし、V6の魅力はそれだけではない。もう一方で彼らは、ジャニーズのパイオニア的役割を担ってもきた。

例えば、いまは当たり前となった感のあるバレーボールの国際大会をきっかけとしたデビューの先鞭をつけたのがV6だった。

グループ名の「V」に「勝利(victory)」などとともに「バレーボール(volleyball)」の意味が込められているように、彼らは1995年開催の「バレーボールワールドカップ」のイメージキャラクターとしてデビュー。「MUSIC FOR THE PEOPLE」は、そのイメージソングだった。そこから、嵐、NEWS、Hey! Say! JUMP、Sexy Zone、ジャニーズWESTとバレーボール国際大会のサポーターの系譜が受け継がれていく。

次ページ「終わらないアイドル」を体現している
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT