J.Y.Parkの金言がこんなにも私たちに刺さる訳

脚光浴びるNiziUの仕掛け人は理想の上司だ

また内面からやる気が湧き出る内発的動機づけは、個人のパフォーマンスを引き出すうえで極めて重要なキーワードです。この内発的動機づけには、

①適切な目標設定
②自律性
③フィードバック

が有効とされています。とりわけ重要なのが、相手を傷つけず、しっかり伝わるように指摘するフィードバックの技術です。

このフィードバックにおいてもJ.Y.Park氏は神レベル。1人ひとりに対して、問いかけ、本人の口で語らせ、いいところがあったらしっかり褒め、改善すべきところがあったら、事実を穏やかに述べ、行動を是正させます。頭ごなしに怒ったりもしないし、わざと厳しい言葉をかけることもありません。

あるケースを紹介しましょう。

個人のテストで体力が最後まで続かなかったメンバーがいたときのこと。彼は、「素質と成長の可能性を見たら13人の中で最高です」と評価したうえで、温かくも厳しい言葉を投げかけます。

「才能がある人が夢をかなえられるわけではありません」

「才能がある人が夢をかなえられるわけではありません。自分自身に毎日ムチを打って、自分自身と戦って、毎日自分に勝てる人が夢をかなえられます」

同じ指摘も、相手の自尊心を傷つけないで、より効果がある話し方をするかどうかで伝わり方に雲泥の差が出るのは言うまでもありません。そういった意味でも言葉の選び方がすばらしい。まさにフィードバックの神です。

理不尽な言動を極力排除し、名プロデューサーであるにもかかわらず“上から感”も一切ない。そのスタンスには頭が下がります。

世のオジサンたちからは、やや縁遠いコンテンツかもしれませんが、世の中で部下を持つ管理職には全員見てほしいコンテンツです。コロナ禍でリモートワークが進み、組織への求心力低下が懸念される今。まさに求められるであろうマネジメントの理想形がそこにはあります。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT