「武漢日記」が刻む「ちゃんと怒る」行為の重み

「しつこく覚えておく」ことがいちばん重要だ

武田:4月に緊急事態宣言が出た際、家の周りを散歩することくらいしかできなくなったのですが、毎日のように散歩をしていると、ああ、こんなところにこんな人が住んでたんだとか、あとなぜか、やたらとバドミントンしてる人がたくさんいて、そうか、人は出かけられなくなるとバドミントンするんだな、なんてことを思っていた(笑)。

画像をクリックすると政治、経済、企業、教育、また個人はどう乗り切っていけばいいか、それぞれの「コロナ後」を追った記事の一覧にジャンプします

周りにこれだけの人間がいて、こういう生活して、あそこのおばあちゃん、歩きにくそうにしてるなとか、あそこに公園があったんだ、でも今は子どもがあんまいないな、みたいな、自分たちの住んでいる周りの情景・光景が見えてきたというのはプラスのことだと思っています。で、そうしたことって『武漢日記』にもふんだんに書かれている。

「絶対に忘れない」ための記録

武田:これって、おそらく全世界共通だったと思うんです。近くにいる人たちが見えた。今、偉い人たちが使う「絆」という言葉、彼らにその言葉を使わせるのではなくて、私たちが日々生きる周りのなかでこそ、そういう言葉を使わないといけないな、と、この本を読みながら自分の生活を振り返りました。

『武漢日記 封鎖下60日の魂の記録』(河出書房新社)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

誰もがそうだと思いますが、「死」というものが目の前に迫ってきた。第1波の流行期には、突然、「死」がやってくるかもしれない、と恐れました。でも、半年くらい経つとみんなもう慣れてしまっている。それこそ、新しい政権の支持率も格段に高い。いつも言ってることなんですが、忘れないでしつこく覚えておく、ということが一番重要だと思います。『武漢日記』は、まさにその「覚えておく」ということと、「覚えながら怒る」ということを実践している、非常に重要かつ尊敬されるべきテキストだと思いました。

飯塚:日本人は中国人よりもっと、「過去のことは水に流す」という傾向が強いかもしれません。何でもすぐに忘れてしまいます。それを方方さんは絶対に忘れない。結果がよかったんだからそれでいいじゃないか、と言われるようなことでも、「いや最初の時点でまちがいがあった、その責任を負うべき人たちを絶対に許してはいけない」とこだわるわけです。そういう姿勢は大事なことで、忘れないために必要な記録を残す。『武漢日記』はまさにそういう記録のための本だと思います。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT