もし株価が急落したらどうすればいいのか

11月は売りに押されて「調整の月」になる?

いよいよアメリカの大統領選ウィークに突入。株価は急落するのだろうか(写真:AP/アフロ)

週末であり月末でもあった10月30日のNY株は反落した。だが、NYダウの前日比約0.6%安に対して、ナスダック総合指数は約2.5%安と下げ率が大きく、ハイテク株の不透明感が増した。

やっぱり気になる「下落開始地点」との微妙な距離感

この前日(同月29日)に発表された「GAFA」の決算は、アップル以外は好調だったと言っても良いのではないか。だが、アップルが大きく売られただけでなく、フェイスブック、アマゾン・ドット・コムに加え、ネットフリックスも5%を超す大幅安となった。コロナ感染再拡大や大統領選を前に不透明感が高まっており、利益確定やヘッジ売りに押された格好だ。

もう一度冒頭の10月30日に話を戻すと、この日のナスダックの終値1万0911ポイントは、9月2日の史上最高値1万2056ポイント(同)から見てマイナス約9.5%の位置にある。NY市場でよく言われる「下落開始シグナル12%下げ」の1万0609ポイントまであと300ポイント程度と、微妙な距離に迫っている。

ひとことで言うと、経済指標そのものは決して悪いわけではない。ただ、10月シカゴ購買部協会景気指数(PMI)は61.1と、予想の58.0を上回った(9月の62.4からは低下)。また10月ミシガン大学消費者態度指数の確報値は81.8と、速報値や予想の81.2から小幅上昇している。

一方、新型コロナウイルス感染再拡大が激しい欧州の7~9月期GDP速報値はどうだったか。フランスが前期比18.2%増と、予想の15.4%増を上回り、前期の13.7%減(改定値)から回復。ドイツは前期比8.2%増(予想7.3%増、前期9.7%減)で、ユーロ圏が前期比12.7%、年率換算で61.1%増と、前期の39.5%減(改定値)から大きく回復した。

だが、コロナ感染が拡大している10~12月期についての先行きが不安視された。結局、欧州株はドイツDAX 0.36%安、フランスCAC40の0.54%高とマチマチの動きだった。

次ページ日本株はどんな動きになるのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT